絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

兄弟ゲンカ予防におすすめ!安いのにおしゃれな木製のベビーサークル購入レビュー!

f:id:noahsartgallery:20190107210940j:plain

こんにちは、ロクパパです!

前回の記事で、2歳差育児の大変さについて書きましたが、その中でオモチャの取り合いのケンカについて触れました。

www.ekakipapa.com

3歳の長男は自分の好きなトミカを並べて遊びたいのに、1歳の弟が次から次に破壊したり奪い取っていくのが我慢ならずに突き飛ばしてケンカなんてのがしょっちゅう。

同じ部屋にいて、少し離して遊ばせても下の子が「お兄ちゃんが使ってるオモチャを奪う」という使命を持ってるかのように突進していきます。

これではラチがあかんと「ベビーサークル」を購入することにしました。

今回は購入したベビーサークルが、比較的安いのに使いやすかったのでレビューしようと思います。

3歳&1歳の遊ぶスペースは分けた方がいい!

 
 
 
View this post on Instagram

Roku_mamaさん(@roku_mama)がシェアした投稿 -

我が家は3歳と1歳の兄弟ですが、1歳になったばかりの次男はとにかくお兄ちゃんが使っているものに興味があって何でも奪い取ろうとします。

「だめ!」といってもわかるはずもなく、物理的に距離を取る以外に同じ部屋で3歳児と1歳児を同時に遊ばせる方法はなさそうだという結論に達しました。

これはあくまでも我が家のケースですが、

まず、1歳児は

①お兄ちゃんの物が欲しい
②歩き始めたばかりで、すぐに転ぶので怪我しやすい
③何でも口に入れるので誤飲の危険性がある
④意思の疎通が難しい

という状況。

次いで、3歳児は

①赤ちゃん返りで、ママには自分のことだけ見ててほしい
②すぐに自分のオモチャを取りにくる次男が鬱陶しい
③力もあるので下の子を突き飛ばしてしまうことがある
④イヤイヤ期なのでぐずると手に負えない

こういう特性の兄弟を同じ部屋で遊ばせるのは、結構難しいんですよね。

それでも両方目の届くところに置いておく必要があるので、1室で遊ぶスペースを分けるためにベビーサークル(ベビーゲート)を購入しました。 

安くておしゃれな木製のベビーサークルを設置してみた

 

今回私が購入したのが上の「タンスのゲン ベビーサークル」です。

 1万円弱で購入できて、サイズ感もほど良かったので満足してます。

今回設置したのはこのスペース。

f:id:noahsartgallery:20190108121241j:plain

長男が赤ん坊のころから使ってる年季の入ったコルクプレイマットです。 

f:id:noahsartgallery:20190108121410j:plain

届いた段ボールを開けてみるとジョイントと木枠と説明書が入っていて、凄くシンプル。
工具とかは必要なく、簡単に組み立てられます。

f:id:noahsartgallery:20190108121522j:plain

同封されてるジョイント。プラスチック製。

f:id:noahsartgallery:20190108140101j:plain

木枠のでっぱりに合わせてジョイントをカチッとはめればOKなので、ものの数分でサークルが出来上がります。超簡単!

完成したベビーサークルの高さ

f:id:noahsartgallery:20190108140233j:plain

このベビーサークルの高さは56㎝で、最近活発に歩くようになった1歳0ヵ月の次男の場合で顎下くらいの高さなのでまず1歳児では乗り越えられません。

f:id:noahsartgallery:20190108140741j:plain

3歳になったばかりの長男(身長91cm)でも、踏み台が無ければちょっと厳しい高さ。
無理やりやれば乗り越えられそうですので、背の高い3歳児なら超えちゃうかも?

ということでこのサークル内には次男君が入って遊んで貰う感じになりました。

f:id:noahsartgallery:20190108141158j:plain

正方形に作ると結構広いので、1~2歳児がおとなしく遊ぶ分には十分な大きさです。 

買って良かったなと感じるのは、正方形以外にもL字型にしたり、1/4のサイズにすることも可能な点。

次男が大きくなったり、ベビーサークルが無くても兄弟げんかせずに遊べるようになったら、1/4サイズにしてストーブなど近づけさせたくないもののバリケード代わりに使う事もできそうです。

どうすれば無用な軋轢が起きないかに頭を使う

f:id:noahsartgallery:20190108144214j:plain

※長男のズボンがうらっ返しなのはご愛敬!(写真撮るから履きなおしてって言ったけどすごく嫌がられた)

3歳児と1歳児を育てて思うのが、「争いの火種になりそうなものはあらかじめ排除しておく」というのがすごく大切だということ。

特に長男の赤ちゃん返りが起きている我が家では、「長男の前で不用意に次男ばかりを褒めたりしない」などいくつか気を付けていることがあります。

この年齢の子供たちだと、どうしても親の取り合いになりますし、子供たちだけで仲良く遊んでもらうというのも難しいですよね。

せっかく楽しく遊ばせているのに頻繁にケンカが起きてしまうとどっと疲れてしまいます。

ただ疲れるだけじゃなく、我が家の場合は上の子が下の子を押してしまうことが何度もあったので、安全面でも対策が必要と判断してベビーサークルの購入に至りました。

結果的には、遊ぶスペースを明確に分けるというのは効果的でした。

まとめ

怪我やケンカをさせずに1歳児と3歳児を同じ空間で遊ばせるハードルの高いこと高いこと。

どれだけ手や策を尽くしてもケンカやぐずりを避けられないこともありますが、できる限りその火種を取り除けるように頭を使っているつもりです。

子育てって難しいぃいいいい!!!