絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

【冬の雪遊び】雪が積もった時に子供とやりたい遊び「雪ベッコウアメ」作り

f:id:noahsartgallery:20190216015641j:plain

こんにちは、ロクパパです!

今年は関東でも雪が降る日もあり、当然私の住む宮城県北部の栗原市でも積雪するくらいの雪が降っています。

キレイな新雪ですが、さらさらしていて雪玉や雪だるまを作るのには向かず、かまくらを作るほどの積雪はありません。

当初はそりを引いて子供たちと遊んでいたのですが、妻が雪が降ったらやろうと前々から考えていたちょっと意外な遊びを始めました。

雪を使って飴を冷やす!雪ベッコウアメ

f:id:noahsartgallery:20190216015715j:plain

妻が昔、同級生のTさんに借りたマンガに載っていた「雪の上に溶かした砂糖水を垂らしてベッコウアメ作る」というシーンが子供心に美味しそうに思っていたらしく、今回雪が降ったタイミングで初めて実践してみようと思ったそう。

ベッコウアメは理科の実験とかでよく作るやつで、砂糖と水をレンジでチンして溶かしたものを雪の上に垂らすだけで出来てしまうんですね。

というわけで、降り積もったばかりの綺麗な雪をバットに敷き詰めて、ベッコウアメ作りスタート!

息子は飴初体験!雪ベッコウアメの作り方 

f:id:noahsartgallery:20190216015756j:plain

 3歳位だとのどに詰まらせる危険があるから食べさせたくないお菓子の代表格「飴」ですが、この雪ベッコウアメならのどに詰まらせる心配は皆無!

 図らずも長男の飴初体験となったわけです。

 作り方は簡単で、

・砂糖大さじ4
・水大さじ1

をレンジに入れて、チンするだけ!!!

後はそれをバットに張った雪の上にぽたぽたたらします♪

f:id:noahsartgallery:20190216015821j:plain

 

まず、この溶けた砂糖水を垂らすところで、子供心をぐっとつかみますよね♪

そして見る見るうちに冷え固まっていく砂糖水。

f:id:noahsartgallery:20190216015906j:plain

にょろにょろとした不規則な形も面白いですし、遊びながらお菓子作りができてしまうなんて最高♪

f:id:noahsartgallery:20190216015933j:plain

ちゃんと冷え固まってますね!!

雪ベッコウアメを食べてみた3歳児の反応

 

f:id:noahsartgallery:20190216020229j:plain

出来立てをまずは舐めてみてます。

f:id:noahsartgallery:20190216020302j:plain

お、、、

おおお、、、、、

あっまーーーーーい!!!!

f:id:noahsartgallery:20190216020336j:plain

次は、ちょっと大きめの塊を噛んでみます。

f:id:noahsartgallery:20190216020415j:plain

これは、、

とんでもなく美味しいものを作り出してしまった!!!

という顔(?)のようですw

 

大成功!

雪ベッコウアメ作りはコスパ最高の遊び&学び

話はちょっとそれますが、妻の両親は元小学校の教員。

小学校で必ずと言っていいほど体験する「べっこうあめ作り」は、小学校3~5年生でやるようなのですが、息子は3歳で、しかも雪を使って体験できたんですね。

「遊びが学びにつながってる」っていうのは私たち夫婦の理想形なので、今回の妻のこのアイディアは最高に良かったと思います。

今回のことで、息子は

1.砂糖とお水を混ぜて電子レンジでチンすると溶けて混ざり合うこと
2.溶けた砂糖水を雪の上に垂らすと冷え固まること

の2つを学びました。

そして、飴は甘くておいしいことも。

言うまでもなくお金のかからない遊びで、3歳時くらいなら超喜んでくれるこの雪ベッコウアメ作り。

材料費は大さじ4杯分の砂糖だけですし、雪さえ降れば多分どこのご家庭でもすぐにでもできる遊びですよね!

学びにつなげるポイントとしては「原材料をみせること」と「溶ける過程と固まる過程をみせること」でしょうか。

 

温めると溶けて、冷やすと固まる

 

当たり前のようで、これが遊びの中で知ることができればものすごく楽しいと思います。(※しかも、美味しい!) 

雪を使うというのは遊び心を増幅させるためのツールなので、当然雪が無い時に冷凍庫などで冷やしたプレートに砂糖水を垂らしてもいいのですが、それだと毎回催促されそうな遊びなので、

「雪が降った時にできる特別な遊び」

なんて感じにしておくと、特別感があって良いかもしれません。

まとめ 

雪は通勤時の混雑や雪かき作業が発生する厄介者でもありますが、子供にとっては嬉しいものですよね!

そんな子供心に残るような楽しい遊びのひとつになるんじゃないかなと思います。

これは蛇足かもしれませんが、雪は新雪だからといって必ずしもキレイとは限りません。

個人的には雪がキレイかどうかよりも、「雪が降った時に、その雪を使って親がベッコウアメ作りをやってくれたという記憶を残したい」という、子供が楽しんでくれるかどうかの方が勝ったのでやりました。

雪をそのまま食べるんじゃないから、子供も楽しんでくれたし、良いんじゃないかな~♪

是非、その辺の細かいことを気にしない方は、綺麗な雪が降った時にお子さんと試してみてくださいね!

田舎での色んな遊びとものづくりを息子とやってるInstagramはこちら↓↓

www.instagram.com

3歳の息子と一緒に作ったMYクライミングウォール!

f:id:noahsartgallery:20190208103451j:plain

こんにちは、ロクパパです!

先日の記事から少し経ち、自宅のボルダリングウォールが無事完成しました!

 

www.ekakipapa.com

自分の体調管理目的と、息子達の雨の日での遊び場所確保のために作り始めたボルダリングウォールですが、なかなかいい感じに仕上がってきました。

私がコツコツ作り上げた過程をさらっとご紹介しようと思いますので、同じように室内クライミングウォール作りを考えてる方の参考になれば幸いです。  

  • 昔牛小屋だった納屋の2階を改装してクライミングウォール作り 
  • 3歳の息子が登れるのか?
  • まとめ
続きを読む

3歳児が楽しんで動物について学べる方法|動物の習性を利用して幼児の行動をスムーズに誘導しよう!

f:id:noahsartgallery:20190203100217j:plain

こんにちは、ロクパパです!

我が家の3歳の長男ロクは、車が大好きで暇さえあればトミカを並べて遊んでいます。

でも、私自身はトミカよりも「アニア」(動物のフィギュア)が好きで、以前読者さんに送っていただいたアニアを自分でも少しずつ購入して増やしています。

すると最近では息子に動物ブームが来たようで、日ごろの遊びに「学び」が加わってどんどん息子の動物に関する知識が増えていっているのが目に見えてわかるようになってきました。

知識が増えると子供っていうのはどんどんスポンジのように吸収していくので、「ちっさい博士」みたいになりません?

「ぱぱー、キリンさんってね、前足でけるんだよ!後ケンカする時に首を振ってガンガンってぶつけるんだ!」

なんて事あるごとに動物豆知識を披露するようになってきたんです。

  • 動物の良い所は「デジタル」→「アナログ」の変換がしやすい 
  • アニアを使ったごっこ遊びの工夫
  • 3歳児の疑問に答える「なぜシマウマはシマシマなの?」が面白い 
  • 動物の習性をごっこ遊びとして日常生活に溶け込ませる
続きを読む

田舎に来たらやりたかったこと「ボルダリングウォール作り」に着手!

f:id:noahsartgallery:20190203172056j:plain

こんにちは、ロクパパです。

妻の実家のある宮城県栗原市に移住して早1年半。

移住当初に書いた記事の中に「田舎に移住したらやってみたかった14のこと」という記事がありました。

www.ekakipapa.com

その中で私が掲げた目標のひとつに「クライミングウォール(ボルダリングウォール)を作る」というものがあったのですが、ようやくこの目標に向けて始動しました!

  • 私がボルダリングウォールを作りたかった理由 
  • 制作場所は納屋の2階!!
  • ホームセンターで材料購入!!
  • まとめ
続きを読む

子供とお菓子作りをしたいママさん必見!絵本に出てくる料理を再現して楽しく子供とクッキングをしよう!

f:id:noahsartgallery:20190125161259j:plain

こんにちは、ロクパパです!

東北の冬は寒いので最近はなかなか外遊びができず、室内で遊ぶにもマンネリ化してしまっていました。

そんな時きまって妻が企画するのが「息子と一緒にお菓子作りをすること

これまではパンやクッキーなどを普通に作っていたのですが、息子はどんなものが完成するのかわからず、指示されるがままに小麦粉をふるいにかけたり混ぜたりと漫然とお手伝いをしていました。

しかし、とある本を手に入れてから息子の料理への食いつきが変わり、自分が何を作っているのか明確に理解しながら、完成形を想像して料理のお手伝いにはげむようになりました。

本記事では、お子さんと一緒にお菓子作りや料理をしたい方に向けて、お子さんがお菓子作りに積極的になる手助けをする本をご紹介します!

  •  幼児でも飽きずに料理をするために大切な事は「完成形のイメージ」
  • 「絵本からうまれたおいしいレシピ」
  • 3歳の息子と一緒に「ぐりとぐら」に出てくる「黄色くて大きなカステラ」を作る
    • 1.まず子供と絵本を読んで作りたい熱をあたためる 
    • 2.絵本のおやつと同じものを作ろう!と提案
  • まとめ 
続きを読む

【男の子のトイトレ】立ちションしてもおしっこが便器からはみ出ないようにする方法

f:id:noahsartgallery:20190119171031j:plain

こんにちは、ロクパパです。

我が家の長男は3歳1か月で、ようやくトイトレの終わりが見えてきたかなーというところまで来ました。

自分でおしっこしたい時はトイレに行ってできるようになってきたんですが、踏み台に載って立ちションをする時に便器周りの床にこぼしてしまうことがあり困っていました。

最近ではトイレに一緒に入られるのが嫌なようで、自分でやると言ってきかないこともしばしば。

そんな息子がうまく便器の中にオシッコができるようになったきっかけと、いくつかのポイントについてまとめたいと思います。

  • 男の子が立ちションしても床を汚さないためのポイント 
  • トイレ用の踏み台を用意しよう!
  • 便器に貼る「色が変わる的」で狙いを定めろ!
  • まとめ
続きを読む

【住みたい田舎ランキング2019発表】田舎が移住者を増やすために必要な事とは何か考える

f:id:noahsartgallery:20190115104524j:plain

こんにちは、ロクパパです。  

先日、宝島社から出ている「田舎暮らしの本」で、2019年度版の「住みたい田舎ベストランキング」が発表されました。

超微力ながらもこのブログで「宮城県栗原市」の名前を出しながら、田舎暮らしの様子をご紹介している身としては、ちょっと気になるランキングです。

では見てみましょう!

  • 宮城県栗原市は東北エリア第1位! 
  • 個人的に評価が高いポイント
    • 1.自然の豊かさと交通の便のバランス
    • 2.役所(移住課)の人がすごい頑張ってる
  • 将来的に、田舎は単純に「移住者を増やす」だけじゃダメ
    • 栗原市にあって他の場所にはないものはあるのか?
    • 超リッチな北海道猿払村の話 
  • さいごに
続きを読む

子供の動画を手ぶれせずにスマホで撮影したい人は「OSMO MOBILE 2」がオススメ!

f:id:noahsartgallery:20190117161124j:plain

こんにちは、ロクパパです!

私は長男が生まれる直前に2TBの外付けハードディスクを購入し、その半年後に一眼レフを買いました。

子供が生まれるといい写真が撮りたくなって、少し高いカメラを購入したり、一眼レフデビューをする人も多いと思います。(※私は一眼レフデビュー自体はもっと前でしたが、小型で持ち歩きやすいCanon EOS kiss x7を追加購入しました。)

www.ekakipapa.com

そして、次男も生まれ、兄弟二人でわちゃわちゃしてるところを動画で撮ろうと思うと、

 

「う、、動きが早すぎてうまく撮れない!!」

 

歩き始めたばかりの次男、高速で走り回る長男。キレイに収まるわけがありません。

 

動き回る子供を追いかけまわすも、手ブレがひどい!

全然上手く撮影できず、じっと座って遊んでるところを動画で撮ってもあまり見栄えが良くないので、「もっと手ブレせずに綺麗な動画を撮りたい」とずっと考えていました。

そして、見つけたのが「osmo mobile 2」というスタビライザー!

本記事では、子供が動くところをスマホでも手ブレせずに撮影できる機材「DJI osmo mobile 2」のレビューをしたいと思います。

  • 購入したのはDJI OSMO MOBILE 2
  • 具体的にはどんな撮影ができるの?
  • OSMO MOBILE 2とはどんな機械?
  • OSMO MOBILE 2 を使った時とそうでないときの映像を比較してみる
  • 使って感じたOSMO MOBILE 2の良い所とイマイチなところ 
    • 【良い所】 
    • 【イマイチなところ】 
    • 総評
  • まとめ
続きを読む

【3歳児とボルダリングをする時の注意点】息子とボルダリングジムに行ったよ!

f:id:noahsartgallery:20190119150923j:plain

こんにちは、ロクパパです。

私は宮城に移住してくる前に東京の西新宿でサラリーマンをしていましたが、その時の一番の楽しみは「週1回のボルダリング」でした。

仕事終わりに西荻窪に行って友人たちと壁をのぼり、ビールを飲んで帰るのが毎週の楽しみだったんです。

妻とも仕事終わりに合流して一緒に登っていたんですが、妻が長男を妊娠してからは悪阻やら家事やらのサポートでまっすぐ家に帰るようになり、ボルダリングジムからは足が遠のくようになってしまいました。

長男が生まれてからはさらに育児の大変さ&楽しさが勝り、壁をのぼることはなく退職、そして移住となりました。

その頃に妻とよく話していたのが、

「息子が大きくなったら絶対にまたボルダリングを再開して、親子で登る」

ということ。

3年前、このブログを立ち上げた当初に書いた記事にも自分の心境を書いていました。

www.ekakipapa.com

そんな思いを胸にボルダリングをやめてから3年余りが経過。

ついに先日、念願かなって長男3歳1か月、次男1歳0ヵ月を連れてボルダリングジムに行ってきました!

  • 通える距離にボルダリングジムを見つけてから心に灯がともった
  • 3歳の息子でもボルダリングはできるのか?
    • 幼児を連れてボルダリングジムを利用する時に注意しておくこと
  • 実際に3歳児を登らせてみてわかったこと
    •  1.靴は靴底が硬く(つま先の部分が曲がりにくく)、脱げにくいものを選ぶ
    • 2.飽きるのも疲れるのもはやい
    • 3.3歳でもできなくないけど、3歳半~4歳位だともっと楽しめるかも 
    • 4.混雑してる時間帯だと3歳児はキビシイ
  • まとめ 
続きを読む

子供と絵の具遊びをする時の注意点|絵具の安全性と毒性を見分けるポイントとは?

f:id:noahsartgallery:20190110194035j:plain

こんにちは、ロクパパです!

我が家の長男ロク(3歳)は、絵の具で遊ぶのが大好きで、ことあるごとに「絵の具使いたい」と催促してきます。

私が絵描きという事もあり絵の具は大量にあるのですが、いかんせん3歳児だと汚してしまうので管理が難しいのが悩みどころ。

まだすぐに指をしゃぶるし、絵の具で汚れた手で目をこするといけないので十分注意しなくてはいけません。

でもせっかく興味を持っているので大事なポイントを抑えつつ、できるだけ口をはさまないようにして遊ばせることにしてます。

今回は、子供と絵の具で遊ぶときに注意した方がいいポイントについてまとめます。

  • 子供(3歳児)と絵の具で遊ぶ時には「安全マーク」に注意! 
    • APマーク
    • CLマーク
  • 日本の絵の具に対する安全基準は?
    • 有害性あり
    • 引火性あり
  • 3歳位だと100%汚す!できれば外で絵の具を使わせるようにしよう!
  • まとめ
続きを読む

田舎暮らしで成長した1年間!長男が2歳→3歳で田舎暮らしレベルが大幅UPしたよ!

f:id:noahsartgallery:20190106114411j:plain

こんにちは、ロクパパです!

妻の実家のある宮城県栗原市に移住して、はや1年半。

宮城県での暮らしも3シーズン目に突入しました。

ここに来たのは長男のロクがまだ1歳半の時ですが、それから1年半が経過して色々な畑仕事を手伝わせてきました。

移住してきた2017年シーズンに比べ、去年2018年は遥かに農作業のお手伝いレベルがUPしてきてて、徐々に戦力になりつつあります。

本来このブログは「子供を田舎で育てたらどう育つの?」というモデルケースとして、息子の成長過程を公開しているという趣旨があります。

移住を決めた当初の記事でも書いていますが、私は息子たちに「妻のように育ってほしい」という気持ちが強かったんですね。

www.ekakipapa.com

この自然一杯の環境で育つ息子たちはどのように大きくなっていくのか、この先「地方創生」や「都会と地方の2拠点生活」がもっと取り上げられるようになった時に、田舎での子育ての様子を知る媒体のひとつになれればと考えています。

前置きが長くなりましたが、この1年半で長男の田舎暮らしレベル&農作業レベルの変化をまとめてみたいと思います!

  • 大人用の農具を使いこなすようになった
  • 大工仕事やDIYも手伝うようになった
  • 収穫のお手伝いで戦力になるようになった
  • 野菜の育て方を学んだ
  • 畑から直接野菜をつまみ食いするようになった
  • 加工品(干し柿・豆の鞘取り・ゆかり・梅干し)作りのお手伝いから学んだ
  •  山の幸を学んだ
  • まとめ
続きを読む

兄弟ゲンカ予防におすすめ!安いのにおしゃれな木製のベビーサークル購入レビュー!

f:id:noahsartgallery:20190107210940j:plain

こんにちは、ロクパパです!

前回の記事で、2歳差育児の大変さについて書きましたが、その中でオモチャの取り合いのケンカについて触れました。

www.ekakipapa.com

3歳の長男は自分の好きなトミカを並べて遊びたいのに、1歳の弟が次から次に破壊したり奪い取っていくのが我慢ならずに突き飛ばしてケンカなんてのがしょっちゅう。

同じ部屋にいて、少し離して遊ばせても下の子が「お兄ちゃんが使ってるオモチャを奪う」という使命を持ってるかのように突進していきます。

これではラチがあかんと「ベビーサークル」を購入することにしました。

今回は購入したベビーサークルが、比較的安いのに使いやすかったのでレビューしようと思います。

  • 3歳&1歳の遊ぶスペースは分けた方がいい!
  • 安くておしゃれな木製のベビーサークルを設置してみた
  • 完成したベビーサークルの高さ
  • どうすれば無用な軋轢が起きないかに頭を使う
  • まとめ
続きを読む