絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

車内カフェタイムが私たち夫婦の贅沢|セブンイレブンありがとう

f:id:noahsartgallery:20180530152633j:plain

こんにちは!ロクパパです。

我が家は現在2歳5か月と生後4か月児の2歳差育児中です。

今日は「セブンイレブンありがとう!」という内容なんですが、私たちのようにイヤイヤ期真っ盛りの長男と頻繁に泣く乳児を育てている家族の場合、落ち着いたカフェで息抜きというのがとても難しいですよね?

特に自宅&田舎で仕事をしている私にとって、関東に住んでいた時のようにカフェでまったりとお茶してリラックスするという息抜き自体が選択肢として選べなくなりました。

そんな私たちの憩いの場が「コンビニ(セブンイレブン)」なのです。

私たちの楽しみはセブンコーヒー

f:id:noahsartgallery:20180530152657j:plain

今住んでいる場所には、そもそも以前のように徒歩圏内にオシャレなカフェは無く、あるのは田んぼや土手位なもんです。

家にこもって仕事をするのは比較的平気な方ですが、2~3日家に閉じこもっているとさすがに息抜きくらいはしたくなりますが、息子たちがいるとなかなかそうもいきません。

そんな私たちの強い味方「セブンイレブン」

息子たちをお昼時に車に乗せてコンビニまでひとっ走りすると、うとうととし始めます。

そんな息子たちを見て「しめしめ、まんまと私たちの作戦にハマりおったわ」と私たちは笑い、息子たちが車内で眠りについてようやく夫婦だけの時間が訪れるのです。

家から車で10分で着く行きつけのセブンイレブンに行き、セブンコーヒーと丸ごとバナナ(時にはシュークリーム)を購入して、お気に入りの栗駒山と田んぼが見渡せる土手に車を止めて一服。

これが私たち夫婦の一番の楽しみです。

「コンビニコーヒーとデザートが一番の楽しみって、ウワァ、、カワイソウ( ゚Д゚)」って思いますよね?

でも、本当に一番リラックスできる瞬間なんですよね、これが。

自宅で仕事をしていると夫婦二人っきりで息抜きをするのが難しい

f:id:noahsartgallery:20180530152742j:plain

上の子は現在2歳5か月で、昼寝は1時間半~2時間くらい寝てくれます(多分寝すぎなくらい)ですが、下の子は生後4か月でまだ授乳が必要で日中はほとんど寝てくれません。

自宅でインスタントコーヒーを淹れて、10分くらいなら妻と落ち着いて話ができることもありますが、自宅で仕事をしてると気分転換に外でコーヒーが飲みたい時もあります。

でも、オシャレなカフェで落ち着いて飲むのは難しいですし、何よりオシャレなカフェがありません。

あったとしても、息子2人をどこかに放置して夫婦二人っきりでお店に入ることはできませんよね。

そんな私たちにとって、二人っきりで美味しいコーヒーが飲めるシチュエーションが今の所「息子二人が車内で寝てるときに、車の中でこっそり飲むコーヒー」なんです。

これだと息子たちを視界にとどめながらリラックスをすることができるので、本当に私たちの今の生活に無くてはならない息抜きのひとつになっています。

コンビニコーヒーのクオリティが上がってくれたのは私たちの救い

f:id:noahsartgallery:20180530152805j:plain

コーヒー大好き過ぎて毎日胃が痛くなるほど飲んでしまう私ですが、100円であのクオリティのコーヒーを飲めるのはとても衝撃的でした。

カフェは空間やサービスも提供してますし価格が総じて高くなるのは承知していますが、子供を連れて店内に入りにくい私たち夫婦にとっては、100円で美味しいコーヒーが買えることの方が重要です。

私の実家がセブンイレブンのフランチャイズオーナーをしているので記憶に残っているのですが、セブンコーヒーが出た時は「こんなに美味しいコーヒーがセブンで買えちゃうの?」と思ったものです。

都内で働いてた時は、手軽に安く美味しいコーヒーが買えるのは、時間の無いビジネスマンなどにとってのメリットばかりあるように感じていましたが、こうやって田舎のカフェの無い土地で暮らす幼い子を持つ親にとってもありがたいメリットがあるんだと気付きました。

安かろうまずかろうでは、このメリットはそこまで感じなかったかもしれませんが、コンビニコーヒーの味が美味しいというのは救いでした。

田舎暮らしで贅沢の閾値が下がった

f:id:noahsartgallery:20180530154438j:plain

都会に暮らしてた時は周囲は美味しいお店ばかりで、10分も歩けば雰囲気も味も大満足なお気に入りのカフェがいくつかありました。

当時はセブンイレブンも近くにありましたが、どちらかというとカフェに入ることが多かったです。

ミニマリスト的な思考は持ち合わせていませんが、昔バックパック一つで旅をしていたことがある私たち夫婦(お互い出会う前に海外に長くいた経験があった)は、物がなければないで何とかなることを知ってますし、物欲がさほどないので田舎暮らしでも苦労せずにやっていけているんだと思います。

ただ、都会にいた時は美味しいものを食べに足をのばしましたし、美味しいコーヒーを飲むために少々高いお金も払っていました。

勿論、その時は今のように手のかかる2歳差育児中ではなかったですが、日々のリラックスにかけるコストは今の倍以上はあったでしょう。

今は、こっそりと車内で飲むコーヒーが最高に美味しく感じます。

今日も車内に息子二人を残し、目の届く範囲で土手に座ってコーヒーを飲みながら丸ごとバナナをかじって「私たちこんなに贅沢していいのかな?」と言い出す妻。

都会の贅沢を知っている私たちですが、コンビニコーヒーで贅沢を心配するようになったのは、ずいぶんと閾値が下がったもんだなぁと思います。

それでもいいんですよね、私たち自身が幸せを感じるなら

最後に

正直、車で10分以内の距離にセブンイレブンがあるだけまだまだ全然マシなところに住んでいることは重々承知で、本当に田舎であればコンビニなんて車で30分以上行かなきゃないなんてのもザラです。

田舎と言っても恵まれた環境であることは間違いなく、本当に毎日育児をしながら良い環境で子育てしてるなぁと感じます。

息子たちが寝ている横でこっそり甘いものとコーヒーを楽しんでるのはちょっと申し訳ない気もしますが、こうしてストレスをリセットしてまた自宅での息子のイヤイヤに立ち向かう力を蓄えるんです♪

ありがとう、セブンコーヒー!!!

<Twitterもやってます!>