絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

今年も田植えの季節がやってきた!

f:id:noahsartgallery:20180517235501j:plain

こんにちは、ロクパパです!

しばらくぶりの更新となりましたが、元気にやっております!

少し前の話になりますが、GW中に家族で田植えをしたときの様子をお伝えします!

 2歳4か月の息子は現場監督!家族で田植えをしたよ!

f:id:noahsartgallery:20180517235657j:plain

巷ではゴールデンウィークという事で旅行に行ったり休んでいる人が多い時期、米農家は最も忙しい時期を迎えます。

私たちの住む宮城県の多くの農家はGWの時期に年に一度の田植えを行います。

我が家の家の前の水田は4面(二反三畝)とさほど大きくないため、家族総出で苗を植えれば半日で終わるくらいの面積です。

作業は主に、お義父さんが田植え機で苗を植えていき、私が機械の入れない四角や植えそこなった場所に手植えしていきました。

長男のロクは、田んぼに入れたかったんですが風邪っぴきだったので断念。

特に仕事はせずに土手に座ってお茶菓子食いながら高みの見物をしていました。

田植えの豆知識

f:id:noahsartgallery:20180518000402j:plain

日本人の主食であるお米ですが、皆さんはどのくらい稲作(田植え)についてご存知でしょうか?

せっかくの機会なので簡単に解説しますと、

  1. 田植えは、早い所では4月頃、遅い所で6月頃に始める
  2. 稲が成長するには15℃以上が適温で、10℃を下回ると枯れてしまう
  3. 必ずしも桜前線のように南から田植えが始まって北上するわけではない

田植えの時期に関しては、このような感じになっています。

面白いなーと思ったのは、稲は気温や日照時間によって生育が左右されるのにもかかわらず、必ずしも田植えの時期は日本の南が一番早くて北海道が最後という訳では無いという点です。

一番田植えが早いのは沖縄県(3月下旬)ですが、その次は千葉県や三重県など(4月下旬)で、北海道は5月下旬、最も遅いのは意外にも温暖な九州地方(6月中旬)なんですね。

これはお米の品種によって植える時期が大きく左右されるためで、夏の気温が上がったタイミングで出穂する特徴のある「早生系」の品種は北海道や東北地方の寒い地域に向いています。

一方で、九州などの温暖な地域では高温になる時期が早く、十分にお米の粒に栄養が行き渡る前に穂が出てしまってはいけないので、高い温度で成長が進みにくい「中生・晩生系」の品種を植えることが多いためです。

東北で植えてるお米の品種に「ひとめぼれ」が多い理由

f:id:noahsartgallery:20180518001646j:plain

※頑張って手植えしてるのは私です

普段はパソコンに向かって座ってばかりの30代中盤に差し掛かった男が、足元の悪い田んぼで田植えなんかやると翌日筋肉痛になるのは目に見えていましたが頑張りました。

私と同年代か年上の方は25年ほど前に、大冷害によってお米の生産量が激減してタイ米やカリフォルニア米を食べたという記憶がありませんか?

私は幼いながらに見慣れない細長いお米を「パサパサして美味しくないお米だなぁ」とおもいながら食べた記憶があります。

1993年に大冷害があって、東北で育てていたお米(当時はササニシキが主流)はほぼ全滅。

それ以降、冷害に強いコシヒカリと初星という品種をかけ合わせてできた「ひとめぼれ」が東北で最も多く植えられるようになりました。

ササニシキ、、、あっさりしたお味で美味しかったんですけどね。寒さに弱く、茎が細いので倒伏しやすかったという弱点があったので、もう作っている農家さんは一握りとなっているようです。

そんなわけで、我が家で植えているのも「ひとめぼれ」です。

来年こそは息子にも田植えを手伝ってもらおう

f:id:noahsartgallery:20180518002613j:plain

田舎で暮らしているメリットとして、我が家の場合は野菜やお米を実際に作っているところを見ることができて、体験することもできるという所にあります。

こんだけ良い環境なので、食育にとっても最高だなーと思っていますが、イヤイヤ期の長男の食事に毎日手を焼いていて、どうもうまくいかずイライラが募っております。

冒頭の写真のように、畑仕事はめちゃくちゃ手伝ってくれるので、今後に期待。

あと数日もすれば田んぼにはホタルがやってきて、とても幻想的な風景が見られるようになります。

無事、稲穂がたわわに実って、新米が沢山食べられることを願いながら、息子のイヤイヤと戦っていこうと思います。

<良かったら息子のインスタもみて下さい♪>

www.instagram.com