絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

魔の2歳児の赤ちゃん返りが壮絶!赤ちゃん返りがこんなに大変だって知らなかった

f:id:noahsartgallery:20180125114114j:plain

 

こんにちは!ロクパパです。

新年早々に第2子が無事生まれ、現在まで大きな問題はなく予定通り母子が退院してきたロクパパ家ですが、かなりにぎやかな事になってきました。

 

何故かって('ω')??

 

「長男ロクの赤ちゃん返りが一番の原因です。

 

新生児の鳴き声なんて可愛いもんで、その周囲でママがちょっとでもいなくなると発せられるロクの叫び声はエンドレス。

急に弟がやってきてママを取られるという、上の子にとってはとても不安定な気持ちになるシチュエーションなので仕方がない事なのですが、思った以上にドタバタしています。

兄弟ができることによる上の子の赤ちゃん返りは、想定はしていましたが思ったよりも大変で、私がイライラしてしまったことに対する反省の意味を込めてまとめます。

下の子が生まれるまでは比較的安定していた長男

f:id:noahsartgallery:20171221142540j:plain

言葉の発達が比較的早く、ペラペラとおしゃべりな我が家の長男「ロク」は、妻のお腹の中に赤ちゃんがいることも認識していましたし、お腹に向かってその時すでに決めていた下の子の名前を呼び掛けたりしていました。

ちゃんとはわかっていなくても、「もうすぐ赤ちゃんが生まれる」という事実をなんとなくは感じていたと思います。

イヤイヤ期真っただ中でしたが、極端に気持ちが不安定になることはなかったように思います。

出産を機に妻と離れ離れになった時は我慢していた

妻が産後5日間病院に入院していた時は、一度面会した時に、彼の2年の人生の中でこれほどまでに泣いたことがあっただろうかという程泣きわめきました。

それ以降、本当に退院の日が来るまでは「ママ来ないよ、ママ病院だから帰ってこないよ」と自分に言い聞かせるように呟いていました。

彼なりに頑張って我慢しているのが見えてとても辛かったのと同時に、息子の成長を感じました。

www.ekakipapa.com

妻が退院してからが大変だった!激化した息子のイヤイヤと赤ちゃん返り

妻が帰宅してから息子の様子に大きな変化がありました。

  1. 妻の姿が見えないと不安になって泣く or 追いかける
  2. 着替え・トイレ・抱っこ・歯磨きなど全て「ママじゃなきゃ嫌」
  3. 当然「パパはダメなの、あっち行って」
  4. いつも喜んで行ってた子育て支援センターに行くのも嫌
  5. 昼寝するのが嫌
  6. 自分もおっぱい飲みたいと言い出す
  7. 全てのイヤイヤ期特有のワガママが10倍くらいになった

ざっと挙げるとこんな感じ。

 

妻の入院中は、全て問題なく私や義両親がこれらをやっていてとてもいい子にしていたんですが、妻が帰ってきてから下の子への嫉妬というよりは、寂しさが爆発したような感じで妻を求めるようになりました。

今までは、ある程度夫婦で手分けしながらロクの面倒を見ていたのですが、ロクが全て妻でなくてはいけなくなったので、妻が下の子の授乳中などはロクが順番待ちをしている状態。

オムツも着替えも歯磨きも「ママじゃなきゃ嫌!」と言って、大声で泣きわめくので、ママの手があくまで周囲が手出しできなくなってしまいました。

何が大変かって、

妻が休む時間を全く取れないこと

です。

義両親も、フリーランスで自宅で働く僕も居て、人手は足りていてサポートが十分にできる環境にもかかわらず、妻が休めていないんです。

※当然ワンオペ育児とは違うので、家事などのサポートは周囲が行えてるのでめちゃくちゃ恵まれた環境ではあります。

これほんとワンオペで2歳児と新生児のコンビを育ててるママさん半端ないっす。

あまりのワガママに私がイライラして息子にあたってしまった

f:id:noahsartgallery:20180112142321j:plain

私が想像していたのは、息子の変化でも挙げた「僕もおっぱいのむ」とかいう程度のものでしたが、全然違いました。

全てママじゃなきゃダメになってしまったので、普段のスケジュールがあれよあれよとずれ込み、ママの負担がデカくなってしまいました。

どう見ても授乳中で手がふさがっているのに、「ママに歯磨きしてもらう!!!ぎゃーーん」と泣き叫ぶ息子を見て、手が空いてるとかそういう問題じゃないんだろうなぁと複雑な気持ちになりながらやきもきしてしまう自分がいました。

長男の気持ちを考えると、理屈で無理に言い聞かせても無駄なのはすごくわかります。

 

ただ、どう見ても無理な状況なのにワガママを叫び、泣き続ける息子に怒ってしまいました。

 

初日でイライラしてしまって、息子にあたってしまった私は反省して、自分のスケジュールや予定に合わなくなっても仕方がないことと割り切るようにしました。最初からそのつもりではいたんですが、思った以上に大変になってしまいイライラしてしまったんです。「長男の気持ちに寄り添う」と言うは易し、、気を取り直してここから再スタート。

この状態で夫である私ができること

現段階では、妻は「下の子の授乳」と「長男の世話(抱っこ以外のもろもろ)」をやらざるを得なくなり、本来上の子の世話は私がやろうと思っていたのですが、生まれたての次男の世話をもう少し突っ込んでやることにしました。

1つめ:深夜の新生児のおむつ替えと布おむつのウンチを洗う

我が家はひとまず現在新生児のおむつは布おむつでやっています。

深夜、遅くまで起きて仕事をしている私は、妻が寝ている時間を少しでも伸ばすべく夜間のおむつ替えをやることにしました。

それと、頻繁に出る下の子のウンチが付いた布おむつを洗うのも私の仕事に決定!

※その後、次男君の肌荒れやその他もろもろやることが増えたので、現在は紙おむつに変更。落ち着いたらまた布にします。

2つめ:長男のお風呂全般

お風呂好きな長男ロクは、お風呂なら私と一緒に喜んで入ってくれます。

産後すぐで入浴ができない妻に代わって、(以前からやってますが)長男のお風呂は私の役割に決定!

3つめ:下の子の世話全般(授乳以外)

長男の時も育休を取った私は、沐浴もおむつ替えも一通り大丈夫なので、授乳以外はできるだけ私もどんどんやるようにしています。

ママができるだけ長男に時間を割けるように動くことで、ロクのストレスを軽減させてあげることが目的です。まぁ、新生児は基本的に「授乳」が大変なんですけどね ^^;

授乳後はすぐ私にバトンタッチして、ゲップもさせますさせます!大きなゲップが出た時は爽快ですよね~

4つめ:次男の寝かしつけ

夜間、長男が寝て、次男の授乳が終わったらそのまま私が寝かしつけに入ります。

授乳後の寝かしつけも時間がかかることが多いので、ここをパパが変わることでママの負担が結構軽減できるんですよね!(今度別記事で書きます)

全員が寝てから、私の深夜の仕事時間となります。

まとめ

思った以上に長男の気持ちが不安定になっていることがわかり、イライラしてしまった私。

一時的に超わからずやのようになってしまった息子は悪気があるわけではないのは100も承知なので、イライラするのはやめようと心に誓いました。

そりゃママがいいよね、不安にもなるよね。

口では弟の名前を呼んでいるロクですが、やっぱり自分ももっとママに抱っこしてもらいたいんだよね。

 

退職をして、少しでも長男と長くいる時間を増やそうとしてやってきた1年間ですが、ママの牙城は崩せず、私でも息子の精神的支柱になってあげられると思っていた自身が少しぐらつきました。

イラついた一番の理由は、「パパじゃダメなんだぁああああ!!」と繰り返し叫ばれたことが原因かもしれません。

「ママの負担を軽くしたい」そして「長男の支えになってあげたい」という私の2つの願いが、どっちも上手くいかずイラついたんだと思います。反省。

パパ、どっしり構えて、この時期をみんなで乗り切るように頑張ると決めますぞ!

 

<過去のおすすめ記事はこちら>

【第2子誕生】第1子の出産との違いと長男の成長を感じた日

【田舎子育ての振り返り】田舎に移住して5か月!もうすぐ2歳になる息子の田舎成長記録

生まれる前からぶち当たる「兄弟平等」の壁!平等って難しい!