絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

任意予防接種が全て無料って素晴らしい!【宮城県栗原市】

f:id:noahsartgallery:20171015192754j:plain

こんにちは、ロクパパです!

 

先日こんなツイートをしたところ、思った以上に反響が大きかったので驚きました。

 

 

育児アカウントとつなげて使っているツイッターでは、フォロイーさんたちが「任意予防接種の費用が高い!」と悲鳴を上げているのが散見されていて、ちょうど息子の予防接種タイミングと重なったので、我が家にとっても身近な問題でした。

しかし、嬉しいことに私の住んでいる宮城県栗原市
「子供の任意予防接種が全て無料」
なんです。

息子のロクは、1歳半まで住んでいた埼玉県戸田市で任意予防接種を含めスケジュール通りにほぼすべての予防接種を行ってきたので、任意予防接種の出費の痛さはよくわかっています。

やっぱり高いですよねぇ~

そんなこともあって、今回はもう一度予防接種について見直そうと思います。

任意予防接種って総額いくらくらいかかるの?

f:id:noahsartgallery:20171015192523j:plain

任意予防接種と言っても種類はいくつかあり、住んでいる地域と接種する病院によって価格が違うため、今回は私たちが以前住んでいた埼玉県戸田市のとある病院を例に計算してみます。

 

  • おたふくかぜ:7,800円
  • ロタリックス(2回):16,800円/1回
  • ロタテック(3回):11,700円/1回
  • B型肝炎(小児/3回):6700円/1回
  • インフルエンザ(小学生まで2回):4300円/1回

 

相場を見ると、この戸田市の病院の各任意予防接種の金額は、B型肝炎以外やや高めと言った印象を受けますが、だいたいこんな感じの値段と考えていいと思います。

 

特に高いのが「ロタウイルス」のワクチンです。

ロタテックとロタリックスの2種類がありますが、どちらかを接種し合計3万円を超えることがほとんどです。

 

仮に、ロタリックスの方を受けるとして、計算してみると、

なんと¥70,100!!!!

子供が2人なら当然2倍、3人なら3倍、、、結構な出費であることは間違いないですね。

 

 

この額が全額免除されると考えると、

なかなか宮城県栗原市頑張ってるじゃん!

って思いますね!

以前も「宮城県栗原市は「子育てのしやすい街」!?」の記事でご紹介しましたが、ここ宮城県栗原市は所得に関わらず18歳までの医療費が無料なのです。

この18歳まで医療費が無料というのは、以前住んでいた埼玉県戸田市も同じなのですが、加えてこの任意予防接種費が全て無料!っていうのはなかなかないのではないでしょうか。(その他の自治体を調べてないのでよくわかってないで書いています)

個人的には予防接種は全て受けさせたい

私は、現在は病院勤務をしていませんが、言語聴覚士という発話や聴覚を専門にみる国家資格保有者でもあります。

大学時代には熱心な聴覚障害専門の教授がいたせいで、失語症や構音障害、嚥下障害と同等かそれ以上の時間を費やして「聴覚障害」の講義を受けさせられた嫌な記憶があります。(必要以上にカリキュラムに組み込まれていたので…)

そのおかげもあって、おたふくかぜが原因でなる「ムンプス難聴」の恐ろしさは、親になる前から知っていました。

度々テレビでも取り上げられますが、おたふくかぜの合併症は重篤化すると怖いものが多いので、以前もこちらの記事「おたふくかぜの予防接種は受けるべき?!おたふくかぜの合併症には要注意! 」で、おたふくかぜの予防接種を受けた方が良いよ~と書いているので、是非こちらの記事も読んでみてくださいね。

ロタワクチン接種後の副反応にびっくりした経験

f:id:noahsartgallery:20171015192621j:plain

息子ロクが初めてロタ(ロタテック)を接種した時に、血便が出て焦ったという経験がありました。

ロタワクチン接種後の副作用でよくあるそうなのですが、イチゴジャム状の血の混じった便がオムツについていてかなり驚いた記憶があります。

もうイラストのテイストも全然違うくらい前の記事ですがこちら
>>>「赤ちゃんのうんちに血が!ロタウィルスの予防接種後の副反応に要注意

血便がなんともないと知ってからはかなり安堵したのですが、ロタの副反応で厄介だったのが「不機嫌」というもの。

何だよ不機嫌って、、、って思いましたが「とりあえず寝てくれない」「泣きっぱなし」でその夜は全く寝れなかったのを覚えています。

これからロタのワクチン接種する予定の方は「血便」と「不機嫌」に注意です♪

宮城県栗原市はインフルエンザワクチンも無料

宮城県栗原市では、季節性のインフルエンザの予防接種も無料で受けることが出来ます。

息子は「1歳前の時はインフルエンザワクチンの効果がそれほどない」とお医者さんに言われて接種しなかったので、今回初めて打ってきました。

接種費用が免除されているだけあって、栗原市の小児科はインフルエンザの注射待ちのこどもたちでいっぱいでした。

中にはお子さんを4人連れている家族もいて、全員に2回受けさせるとすると、ワンシーズンで4,300円×4人×2回=34,400円になるんですよね。

お子さんが沢山いる家族だと、より予防接種費用が無料のメリットが大きく感じます。

まとめ

今回ご紹介した私の住む宮城県栗原市の制度「子供の任意予防接種全て無料」というのは、子供が少ない地方(田舎)だからできることかもしれません。

私はたとえ任意予防接種の助成が無い地域に住んでいたとしても、子供たちには全て受けさせますが、やはりこれだけの出費が無料になるのはとても有り難いですね。

病院の数では都会にはかないませんが、街全体で病気の重篤化を未然に防ぐという方法は、田舎ならではの良さかもしれません。

【過去の予防接種や耳の関連記事はこちら】

BCGのあと腕が赤い!?もしかしてコッホ現象かも!?

おたふくかぜの合併症「ムンプス難聴」の家庭でできる簡単なチェック方法

RSウィルスから二次感染!中耳炎を併発してしまった場合の症状と対処法