絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

田舎の良いところを伝えるって難しい!

f:id:noahsartgallery:20171015160517j:plain

 

こんにちは、ロクパパです!

宮城県栗原市に移住をしてもう少しで4か月になります(早い…)

 

私たちは、妻の実家へのUターン移住なので、移住前の相談などは特に行っていなかったのですが、妻のお義母さんからの紹介で、移住前に一度、市の移住課の方と色々とお話しさせていただく機会がありました。

 

それからというもの、移住後に何度も(このブログの事とか)ご相談させて頂いたり、移住者の会のような集まりも勧めて下さったりと、頻繁にお世話になってきました。

 

そして先日、いつも世話になっている移住課の方から
「宮城県のフリーペーパーと栗原市の子育て制度を紹介するサイトの取材をさせてください」
とのお話をいただき、撮影を行いました。

栗原市に移住して3か月そこそこで取材

宮城県にお住まいの方は、この被り物を見たことがある人も多いかもしれません。

取材を受けたのはこの栗の被り物の雑誌です☆

栗の被り物なのですが、息子のロクは嫌がって被ってくれませんでした^^;

親子での取材のシーン(動画撮影)もあり、息子に何とかカメラの前で落ち着いて座っていてもらおうと思ったのですが、「ばなな~~食べたいいぃい~」とぐずり出し、バナナを食べながらの撮影になりました。(いいのか??)

 

取材内容は、私たちの仕事の話や栗原市の子育て支援制度についてなどでした。

 

私たちの体験が少しでも、市の移住促進につながってくれると良いなと思い、取材を引き受けましたがなかなか緊張しました。

田舎の移住促進って難しい

f:id:noahsartgallery:20171015160559j:plain

実は、移住してきて数ヶ月で、これ以外にも何度か取材の依頼をいただくことがありました。

【過去記事:移住直後に受けたラジオインタビュー】

TBC東北放送のラジオ番組「COLORS」に生電話インタビューで出演します♪

 

 取り立てて珍しいケースではないのですが、こうやって移住してくるだけで取材対象になるっていうのは、やっぱり移住者自体が少なく、自治体としても移住者を増やすのが大変なんだろうなと感じました。

 

インタビューの中で、「この町の良いところ」「田舎の良いところ」を聞かれることが多いのですが、これって結構困る質問で

「言葉で言っても伝わらないんです!」

よね。

 

でも、インタビューなので頭をひねって考えるんですが、都会との違い、田舎ならではの良さ、ありきたりな物しか思い浮かばないんです。

 

住んでみたらわかる、、ってのは取材対象としては失格ですものね。

 

そこで考えた田舎ならではの良さ

f:id:noahsartgallery:20171015160627j:plain

妻と話していて「都会って季節がフライングしてやってくるよね」っていう話になりました。

 

どういうことかというと、

 

都会は、「街角の装飾やショーウィンドウの服、コンビニの商品なんかも、全部商業ベースでイベントの1か月くらい前には準備されてる。11月末にはクリスマスのデコレーションやクリスマスケーキの予約が始まり、12月入るとおせちの予約も開始。年が明けてチョッとするとコンビニにはバレンタインチョコが並んで、恵方巻のポスターが貼られる。」

 

こんな感じ。

 

しかし、私たちの住んでる田舎だと(スーパーやコンビニ、テレビはもちろんありますけど)、情報よりも体感で季節の移り変わりを感じることが多いように思います。

 

ホタルが消えて、オニヤンマを見かけ、マガンが飛来して、ハクチョウが川に棲み付く。水田に水をはって、稲穂が垂れ、刈り取って「ねじりほんにょ」ができる。

生き物や風景で季節の移り変わりを感じることが多いので、息子との散歩も「もうお米(稲)が無いね~」とか「セミさんの鳴き声聴こえないね~」と話して季節の移り変わりに気づきます。

f:id:noahsartgallery:20171015161425p:plain

※栗原市のマスコットキャラクター「ねじりほんにょ」

 

最近は、マガンが連なって飛ぶのを見て、息子が「ガン!」と指さすようになりました。マガンが飛んだら秋だねぇ~、なんて会話ができるんですよね。
(セミとかならもちろん都会でもできますけど・・・)

 

食べ物も、以前は狂ったように早朝から「ブルーベリーの木に連れていけ」とぐずっていた息子ですが、旬を過ぎると味が落ちたのか口にしようとしなくなりました。

その代り、イチジクやアケビ、栗の木の場所を覚えてるので、長靴を履いてそこに向かおうとします。

味覚からも旬を知って、季節を感じられるっていうのも里山ならではだなと思います。

 

f:id:noahsartgallery:20171015161719j:plain

※ねじりほんにょ(実物)とロク

 

私はこれが田舎の良いところだと思うんです
(※個人の感想です)

 

いや、季節が感覚的に感じられるくらいしか田舎の良いところないの?とか言われちゃうと困るんですが、これって私にとっては凄く大事な事なんです。

 

都会って人も情報も沢山で、都会にいた頃の自分は、自分が感じて気づくより自然と何処からか情報が入ってきて、今思えば「感じたつもり」になっていることが多かったように思います。

 

星がキレイだったり、朝が冷えてたり、ちょっとしたことでなんでこうも「暮らしてる」って感覚があるのか…

 

正直、自分は都会も好きです。便利だし。近くにオシャレなカフェもあるし。

元々生まれ育ったのだって北海道と言えど札幌でまぁまぁ都会だし。

 

でも、田舎の良い所って口では言えない、、住んでみてわかる良さなんですよね。

 

取材の時にもっとうまく喋れたらよかったんだけど、このブログで書きなおしという事でw 宮城県にお住まいの方は、もしかしたら私たち夫婦のインタビューを目にすることがあるかもしれませんが、なんか偉そうなこと言っとるなと思って流してくださいw

 

 

別のフリーペーパーにもこのブログの事を書いてくださってます。

田舎だからできる力技!!!!! 

おしまい。

 

【おすすめの過去記事】

【育児漫画】ぼくは何歳?

【育児漫画】この仕事は君には任せられない

第2子妊娠中のつわりは、第1子の時よりもつらい!!その時に夫は何ができる!?