絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

授乳中に妊娠発覚!その時の1日の授乳回数は!?

f:id:noahsartgallery:20170705235340j:plain

我が家が宮城県への移住を計画し、引っ越し準備を進めている頃に第2子の妊娠が発覚しました。

その当時は、未だ息子の授乳中で、第2子妊娠に向けての卒乳 / 断乳は、宮城への引っ越し後にしようと思っていた矢先の出来事でした。

今回は、我が家の第2子妊娠発覚から、急遽始まった息子の断乳までをまとめてみました!

授乳中に妊娠はできるのか?

f:id:noahsartgallery:20170705235451j:plain

タイトルにもありますが、我が家は息子の卒乳前に第2子の妊娠が発覚しました。

ですので、授乳中の妊娠はできるのか?と言われたら「できます」というのが答えになるのですが、ただ、調べてみると授乳中に妊娠しにくいというのは間違いないようです。

ではなぜ授乳中は妊娠しにくいのでしょうか?

授乳中に分泌されるホルモン「プロラクチン」の影響

f:id:noahsartgallery:20170705235450j:plain

授乳中は、母乳の生成に関係するプロラクチンというホルモンが、排卵を抑制するため生理が来なくなります。

出産後の生理の再開には個人差がありますが、我が家は完母だったせいか、長男出産から1年3か月ほど生理が来ていませんでした。

(※詳細プロフィールに書いてあるのですが)妻は昔13年ほど無月経だった期間があり、長男妊娠だけでもまるで奇跡のように喜んだのですが、出産後、なかなか生理が再開しなかったので不安も少しありました。

夜間授乳と1日8回以上の授乳をしているとプロラクチン値が高くなるので、その間は排卵、生理の再開が遅れ妊娠しにくいといえます。(出典)*1

上記のように、我が家も夜間授乳が頻繁だったこともあり、一日の授乳回数は多かったように記憶しています 。

その当時は、1日4~5回の授乳で生理は来ていませんでしたが、下の子を妊娠した時の授乳回数は1日1~2回程度でした。

生理が再開したのも、第2子妊娠を計画し始め、授乳回数を減らし始めたのがきっかけだったので、授乳回数が多い場合は、妊娠しにくいというのは実体験レベルでは本当だと感じています。

 <授乳回数を減らし始めた頃の記事>

www.ekakipapa.com

家族計画後の第2子妊娠だったけど、予想外だったのはまだ息子が授乳中だったこと

f:id:noahsartgallery:20170705235352j:plain

これからの働き方、暮らし方、子育ての仕方の事を考え、私は家族との暮らしを最優先にしたいと退職をし、妻の実家にお世話になることを決めました。

その大きな理由の一つに「第2子が欲しい」というものがありました。

今の働き方のままでは、もし授かったとしても色々なところに無理が出てしまう。もしできたとしても「せっかく望んで授かった後の楽しいはずの育児が、ただただ辛いだけになってしまう」と思い、行動に移したわけですが、思いのほかスムーズに第2子を授かることができ、上の子の卒乳が完了する前に妊娠となってしまいました。

妊娠がわかった時、息子の赤ちゃん返り(?)で授乳回数が増加してしまっていた

先日、妻の妊娠発覚直前の息子の異変について書きました。

www.ekakipapa.com

僕達が第2子妊娠を知る前、何かを敏感に察知したのか、息子のママ依存が悪化し、それに伴い、卒乳に向けて1日1~2回まで減らしていた授乳回数が、元通りの回数に戻ってしまっていました。

第2子が生まれてくる前なので、これも赤ちゃん返りと言っていいのかどうかわからないのですが、妊娠中の授乳は良くないと聞いていたので焦りました。

妊娠中の授乳はやめた方が良い?

授乳による刺激は、オキシトシンというホルモンが分泌されるため、子宮の収縮を促してしまい良くないと考えるお医者さんがいらっしゃいます。

我が家の場合は、第2子妊娠後の妻の体調がすぐれず、かかりつけの医師が総合的に見て「上の子の卒乳をできるだけ早くしてください」という判断が下されました。

何か異変を察知し不安になっているであろう息子には申し訳ないのですが、急遽予定していた卒乳スケジュールを早めることになりました。

いざ断乳決行!

f:id:noahsartgallery:20170705235334j:plain

やむを得ない事情で急きょ断乳をすることになった我が家ですが、まず決めたのは

  1. 数日間は2人体制で発生するであろう夜泣きに対応する
  2. 深夜は「パパ」が対応、早朝は「ママ」が対応
  3. 何が何でも今回で断乳を成功させるという強い意志を持つこと

でした。

おそらく3~5日は少なくとも断乳にかかるであろう、最低でも1週間以内に終わらせたいと考えていました。

それまで、息子が必ず夜泣きをし、授乳しなければ寝なかった2時頃の時間帯は私(パパ)が寝かし付けをし、その後早朝4時半~5時頃にまたお腹が空いて目覚める時間帯はママが対応するようにしました。(結局夜は夜泣きがすさまじくママも起きてしまいましたけど…)

結果、断乳にかかった日数は?

断乳を決行し、2日間は激しい夜泣きでおっぱいを欲しがりましたが、窓の外を見せて気をそらしながら根気強く寝かし付けをすることで何とか成功しました。

「ままぁ~~~、ぱい~~~」と叫びながら、僕が抱きかかえても思いっきり体を反って抜け出そうとしてきました。

その力の強いこと、、めげそうになりながらも、息子が「ぱい~~~」と言うたびに、「はっ!!!ほら!外見て!!!お外ピカピカしてるね!!!」と、車のヘッドライトや街灯、遠くに見えるパチンコ屋の看板などを指さしては気をそらすようにしていました。

二日間の攻防は大変でしたが、二日で終わってくれて本当に助かりました。

急な断乳だったけど、息子はよく頑張ったと思います。

断乳後の妻は「もう授乳しないんだなぁ」と少し寂しそうでもありました。

断乳 / 卒乳後の変化

f:id:noahsartgallery:20170705235301j:plain

いきなり始まった断乳でしたが、無事成功し沢山のメリットがありました。

  1. 息子の異変(ママへの後追い、母乳への執着)が落ち着いた
  2. 息子が夜一度も起きずに寝てくれるようになった
  3. 妻の胸が張らなくなった(おっぱいが生成されなくなった?)
  4. 断乳をきっかけに超パパっ子になった

 

前述した過去記事で、卒乳に向けて授乳回数を減らした時に、胸がカチコチに張ってしまいGIVE UP宣言した妻でしたが、断乳してからは胸が張らなくなりました。

また、息子も夜8時くらいから朝5時くらいまで一度も起きずに寝てくれるようになり、これまで必ず最低1~2回は夜に起きていた息子に付き合って起きる必要が無くなったので、夫婦ともに睡眠時間が増えたこともとても良かったです。

最後に、息子が超パパっ子になった事は、僕得だけではなく妻得でもありました。

悪阻が始まりかけ、体調が悪かった妻に代わって、息子の意思表示の対象がパパに移り、パパ大興奮、ママ超安堵なわけです。

断乳がもたらした結果は、とても嬉しいことばかりでした。

まとめ

f:id:noahsartgallery:20170705235346j:plain

第2子妊娠発覚と同時に、急いで上の子の断乳をすることになった我が家でしたが、断乳にかかった期間はわずか2日間にもかかわらず想像以上に大変でした。

しかし、第2子妊娠で”授乳は止めましょう”と医師の指示があったため、強い意志をもって断乳に取り組むことが出来たのが良かったと思います。

また、家族計画の流れで卒乳に向け授乳回数を減らしていたのが、結果、望んでいた第2子の妊娠につながったので良かったのですが、もう少し卒乳や断乳が家族計画に大きくかかわることなんだという認識をもって取り組んでいればよかったかなとも思いました。

何より、「息子が朝まで一度も起きずに長い時間寝てくれるようになったこと」や「パパっ子になり負担が分散されたこと」は想定外のメリットでしたので、第2子の卒乳や授乳については、妻とも相談しながらより計画的に進めていきたいと考えています。

 

葉酸サプリ

 

<過去のおすすめ記事はこちら>

【育児漫画】息子の優しさに枕を濡らした

賃貸でも壁に穴をあけずに棚を設置する方法を発見!DIYで自宅にオシャレな棚を作ろう!

脱ワンオペ育児だ!!田舎に移住し、妻の両親と同居して良かったこととは!?

<Twitterもやっています>

*1:授乳中に妊娠しにくい理由は?妊娠したい時はどうする?│AMOMA