絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

田舎で生き物から学ぶ!宮城県栗原市周辺で見られる生き物たち

f:id:noahsartgallery:20170705235341j:plain

こんにちは!ロクパパです!

田舎に越してきて何よりも楽しいのは、息子にその土地に住む色々な生き物を見せてあげられることです。

というわけで、今回は私たちの住む地域で見られる生き物をご紹介いたします!

※虫が苦手な人はご注意ください

色々な生き物を見て学ぼう!

イトトンボ

f:id:noahsartgallery:20170705235354j:plain

家の前には畑や水田が広がっています。

そこにくる生物は多種多様で、10分でも散歩すれば様々な生き物に出会えます。

引っ越してから数日で、私が見かけた生き物(写真におさめられたもの)をご紹介。

このイトトンボ、、、なんていう種類だろう。

イトトンボ図鑑を見てみたけど、どれも良く似ていて見分けがつかなかった。

「ホソミイトトンボ」が近いかなぁ。

★イトトンボ図鑑

アゲハチョウ

f:id:noahsartgallery:20170705235347j:plain

都会でも見かけるこのアゲハチョウは、ミカンの葉などに卵を植え付けるそうです。

家の前では幼虫もサナギも発見したので、沢山いるのがわかります。

写真のアゲハチョウは、羽が濡れて水田に落ちていたので拾い上げて、最終的には高い場所にかえしてあげました。

はじめてみる大きなチョウチョに、息子も「ちょー」と叫んでいました。

f:id:noahsartgallery:20170705235319j:plain

f:id:noahsartgallery:20170705235356j:plain

アマガエル

f:id:noahsartgallery:20170705235320j:plain

田んぼと言えばカエル

家の前の水田には、カエルが沢山いて、田んぼのヘリを歩けばたくさんのカエルがぴょんぴょん跳ねて水の中に逃げていきます。

家の前の池には、ウシガエルが沢山いて毎日大合唱。

引っ越し作業に来たお兄さんも、家具を運ぶ足を途中で止めて「これ何の鳴き声ですか?」と聞いてきました。仙台出身の方でもやっぱりウシガエルの声は知らないんですね。

他にも、アカガエルも見かけますし、ちょっと場所を移動すればモリアオガエルもいます。カエルにとっては水田の広がるこの地はとても住みやすいのでしょうね!

f:id:noahsartgallery:20170705235350j:plain

息子も、飛び跳ねるカエルを見てこの表情! 

お散歩をして実際にそこに生きている生物を見ることが出来るのはとても良い学びになりそうです。

ヘイケボタル

f:id:noahsartgallery:20170705235312j:plain

6月末から7月のこの時期は、田んぼの周りに蛍が来ます。

ココの近くにはゲンジボタルの群生地もあるのですが、家の前の田んぼにはヘイケボタルが来ます。

去年も帰省中に見たのですが、今年は歩けるようになった息子と一緒に蛍を探しに出かけました。

息子は、空を飛びながら光るホタルを指さして「ピカピカ~~」と嬉しそうでした。

f:id:noahsartgallery:20170705235322j:plain

カマキリ(の赤ちゃん)

f:id:noahsartgallery:20170705235327j:plain

洗濯物をしていたら、カーテンにくっつく小さなカマキリの赤ちゃんを妻が発見。

息子はお昼寝中のため見せてあげることが出来ませんでしたが、立派に威嚇する姿は既にカマキリの風格たっぷりでした。

きっとお母さんもどこかにいるんだろうな! デカいお母さん見かけたら自分は結構ひくかもな!笑

ツバメ

f:id:noahsartgallery:20170705235255j:plain

外敵から身を守るために、人の住むところに営巣するツバメ

家の二階のベランダの屋根下に巣を作って卵を抱いているツバメがいます。

鳥は警戒心が強いので、なかなか近くに寄ってみることはできませんが、卵を温めている最中のこの親鳥さんは、息子が見えるところまで近づいても、じっと動かずに卵を温めていました。

息子も、「ばー、ばー」(Bird)と言いながら、楽しそう。

f:id:noahsartgallery:20170705235316j:plain

親鳥が巣から離れているときに、失敬して巣の中を撮影させてもらいましたが、立派な卵が5つもありました。

ヒナがかえるのが待ち遠しいです。

前回帰省した時も、ツバメと珍しい虹の写真を撮影することが出来ました。

www.ekakipapa.com

白鳥

f:id:noahsartgallery:20170707064406j:plain

冬になると、家から徒歩10分の所にある川に白鳥が飛来します。

これまでも何度か見に行きましたが、去年は息子はベビーカーの中で寝てしまい、見せてあげることが出来なかったので、今年の冬こそは息子にも見せてあげたいです。

その他の生き物

f:id:noahsartgallery:20170705235340j:plain

比較的キレイどころの名前を挙げていきましたが、歩けば5分で蜘蛛の巣に引っかかるくらいクモが多いですし、家の中にもクモはいます。

また、アブ、アリ、蛾、カメムシ、ハチ、ハエ系の虫はもっと種類が豊富で、見たこともない生き物がうようよしています。ゴキブリがいないだけマシかな!

そして、できればあまり遭遇したくない生き物も畑に出現します。

大きな生き物でいうと、タヌキ、イノシシ、キジ、ニホンカモシカも出ます。

特にニホンカモシカは国の特別天然記念物に指定されているので、もし遭遇したらラッキー。どこかでお会いできるかな??

まとめ

f:id:noahsartgallery:20170705235314j:plain

※イトトンボの足の感触を自らの鼻で確かめるロク。くすぐったかった模様。

これだけたくさんの種類の生き物に囲まれて暮らすというのは、息子のみならず私も初めての経験です。

元々生物が大好きでそっち方面に進もうと思っていた私にとって、毎日の散歩が楽しくてしょうがない。

里山の生態系の豊かさは、こういう子供の頃に知っていると、生き物との共存を学ぶうえでとてもいいことだと思います。

これからも毎日の散歩で色々な発見をしながら暮らしていこうと思います。

<過去のおすすめ記事はこちら>

妻の生まれ故郷で息子を育てることになりました

田舎でスパイスを育てる!宮城県仙台市以北でウコンは育つのか!?

自然の恵み!山菜の女王「コシアブラ」を天ぷらでいただく