絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

息子のゴミ捨てを見て私が思う「結婚相手にしてはいけない人の特徴」

f:id:noahsartgallery:20170705235214j:plain

最近の息子のブームは「お掃除のコロコロ」

髪の毛やら子供の食べこぼしがどうしても気になる妻は、暇があればコロコロしています。その姿を、息子はよーく見ていて、最近では妻の代わりにコロコロで掃除をするんです。

今回は、息子のお掃除ネタなのですが、記事の最後に、息子がコロコロを使って掃除をした後の行動を見て私が思う「結婚相手にしない方が良い人の特徴」をご紹介したいと思います。

【育児漫画】コロコロお掃除がマイブームの息子

f:id:noahsartgallery:20170705235840j:plain

f:id:noahsartgallery:20170705235841j:plain

f:id:noahsartgallery:20170705235842j:plain

f:id:noahsartgallery:20170705235843j:plain

f:id:noahsartgallery:20170705235844j:plain

子供は親の姿をよく見ている

f:id:noahsartgallery:20170705235220j:plain

 

お掃除のコロコロも息子にとってはオモチャなのでしょう。

本人は掃除をしているつもりはないと思いますが、結果部屋がきれいになるので助かります。

もちろん隅々までキレイにはしてくれないし、失敗してテープ面が床にびろーーんとくっついちゃって無駄にしてしまう事もありますが、しきりにコロコロしている姿は本当にかわいいものです。

最近では、息子はコロコロでのお掃除だけではなく、自分が食べたバナナの皮や、紙ごみなどをちゃんと「燃えるゴミ」用のゴミ箱に入れてくれます。

親のしていることをしっかり見ているんでしょうね。

分別までしてくれるとは思いませんでしたが、私が切り取ってあげたコロコロの紙ごみを、息子がおもむろに奪い取ってゴミ箱に捨てる姿はまるで小姑のようでした。

そして、息子のこの行動は、僕にとってとても嬉しいものでした。

 

ゴミはゴミ箱に捨てる!ってことを覚えて欲しい

我が家では、掃除、料理、洗濯、片付け、食器洗い、はみんなの仕事です。

息子もできる年齢になったら一緒にやってもらうつもりですが、今は「ゴミはゴミ箱に捨てる」という事を分かってもらえたら嬉しいなと思っています。

ついやってしまいがちなのは「食べた時に出たごみを親である僕たちが捨ててあげること」

ゴミをその辺に置いておいても、親が片付けてくれたら「あ、その辺においておけば、パパかママが捨ててくれるんだ」と思ってしまうかもしれません。

できることなら、息子にも自分で食べた時のゴミは自分で捨てるか、最低限その辺に置かないでパパかママに渡すようにしてほしいのです。

今はまだ仕方ないですが、少しずつ自分のゴミは自分で片づけてくれるようになっていけばいいなと思っています。

息子にはどんな人間に育ってもらいたいか

僕がこの世で一番嫌いなのは「ごみのポイ捨て」です。

これは昔からの私のポリシーで、私自身、その辺にゴミをポイ捨てしたことは(おそらく)ありません。

私は、息子にはどんな人間になって欲しいかと聞かれたら「ゴミのポイ捨てをしない人」と答えるでしょう。

「ごみのポイ捨てをしない」って当たり前に思うかもしれませんが、大人でも「ゴミをゴミ箱に捨てる」という事ができない人が大勢います

 

ココからは私の持論です。

「そんなことないよ、ゴミのポイ捨てはするけどいい人いるよ」って方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。

 

タバコの吸い殻やゴミをその辺に捨てることをなんとも思わない人間は、

  1. 「バレなきゃいいや」
  2. 「誰かが掃除してくれるでしょ」
  3. 「自分ひとりが捨てたって別に影響はない」
  4. 「自分だけがポイ捨てしてるのではない(他にもやってる人がいる)」

大抵この4つのマインドで脳内が構成されているように思います。

バレなきゃいいという考えでその辺にゴミを捨てる人は、「(バレなきゃいいと思って)浮気もする人間」だと私は思いますし、誰かが掃除してくれるでしょという考えは、「自分のケツを自分で拭けない人間」だと思います。

どこにでもゴミをポイ捨てをする人は、3番と4番は相反する意見にもかかわらず同居します。矛盾しているにもかかわらず、不思議とこの両方の意見がでてくるんですよね。

こういう論理の人は大抵「自分ひとりで生きてると勘違いしている人間」です。

自分の周りの友人や家族、自分が暮らしている地域、住んでる国、生きている地球という惑星、様々なレベルで周りに感謝をすることが出来ない人だと思ってしまいます。

上記の理由から、私の超個人的な判断基準では「ゴミをポイ捨てする人」=「結婚相手にしない方がいい人」です。

まぁ、世間一般的に見てゴミをポイ捨てする人は、結婚相手として適しているかどうか以前に問題があると思いますが、私の個人的なポイントとして「ゴミのポイ捨てをするかどうか」は、結構重要だと思っています。

とにかく、ゴミをポイ捨てする人間のマインドを考えると、私の嫌いな要素がてんこ盛りなのですよね。

私にとっては「ゴミはゴミ箱に捨てる」という事はとても重要なのです。

まとめ

息子がゴミをちゃんとごみ箱に捨ててくれるようになったことから、私の考える結婚相手にしないほうがいい人の特徴まで話が飛躍しました。

「ゴミをポイ捨てしてもなんとも思わない精神」というのはどれほどよろしくないことなのか、を私なりにまとめてみた結果「結婚相手にはしない方が良い」という結論に達したのです。

特に息子には、「自分ひとりが捨てたって影響はない」とか「他にもやっている人がいるから」という考え方だけは絶対に持ってもらいたくないと思っています。

ゴミのポイ捨て1つで何を言っているんだか、と思われるかもしれませんが、私のなかでの絶対にゆずれないポイントの一つなのです。

コロコロの動作を真似する姿を見ても、親をよく見ていることが分かったので、これからもポイ捨てすることなく、息子の良き手本でありたいと思います。

 

<過去記事はこちら>

断捨離は必ずしも良いことばかりではない!?モノを捨てない暮らしのメリット

カメラ初心者におすすめの一眼レフは!?Canon EOS kiss X7で子供をかわいく撮りたい!

当ブログ「絵描きパパの育児実験記録LABO ~田舎暮らし編~」について

<Twitterもやっています>

<育児漫画専用のインスタグラムアカウントはこちら>