絵描きパパの育児実験記ロクLABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

赤ちゃんの体に真っ赤な湿疹が!これって蕁麻疹!?(画像あり)

健康 健康-病気

※注意! 記事の中に湿疹(蕁麻疹)の写真があります。

少し前の話になりますが、息子が生後11か月の頃、RSウイルスから中耳炎を併発し、治療の真っ最中のことです。

 

体調が万全ではなかったため、お医者さんからも「人ごみと寒暖の差が激しい時間の外出は避けてください」と指示を受けていました。

 

家の中に籠っては、処方された抗生物質を飲みながら体調が回復するのをただひたすら待っていたとある日の夜。

 

「きゃぁ~~~!」

 

お風呂場から妻の悲鳴が!

 

f:id:noahsartgallery:20170320152140j:plain

 

なんだなんだと風呂場に駆け寄ると、息子の体の右半身に「みみずばれ」がびしーーーーっつと広がり、ちょっと引く位の湿疹が出てました。

 

赤ちゃんの体に現れた湿疹は蕁麻疹!? 

 

f:id:noahsartgallery:20170203001056j:plain

※お風呂に入れようと服を脱がせた直後の息子の右半身。ブツブツというよりは、何かでかぶれたような、水膨れやみみずばれのような湿疹が広がっています。

 

お風呂は中断し、救急で診てもらったほうが良いのか相談窓口(埼玉県の小児救急電話相談窓口 #8000)に電話をしていると、

 

さっきまで右半身にあった湿疹が、反対側に移動しているではありませんか。

 

しかも上半身は少し良くなってるけど、今度はお尻がひどい。

 

 これって、、、「蕁麻疹」???

蕁麻疹の特徴とは

一般的な蕁麻疹の症状の特徴はどのようなものなのでしょうか。

  1. かゆみを伴う事が多い
  2. みみずばれのような、境界線がはっきりした膨隆疹(地図のような形)である
  3. 短時間(数十分程度)から半日程度で治まることが多い(蕁麻疹の種類によっては長時間続いたり、消えては別の場所に現れたりを繰り返すことがある)

 

前述の息子の肌の写真を見ると「地図状の膨隆疹」というのがまさに当てはまりますね。

蕁麻疹の種類と特徴

蕁麻疹は大きく分けると2種類あり、

 

  • 急性蕁麻疹1か月以内に症状が治まる
  • 慢性蕁麻疹1か月以上続く、消えたり現れたりを繰り返す

 

「急性蕁麻疹」は、一時的な食べ合わせによるショックや、風邪などの体調不良が原因であることが多い。

「慢性蕁麻疹」は、原因となるアレルギー物質によって引き起こされるものや、ストレスなどの心因性の原因によるものが多い。

 

 

また、蕁麻疹を原因別に分けると、

 

  • アレルギー性蕁麻疹:食物アレルギー、薬剤(抗生物質やアスピリンなど)、ハウスダストなどの、アレルギー物質が原因
  • 温熱蕁麻疹:ヒーター、布団、熱いお風呂などの温熱刺激が原因
  • 寒冷蕁麻疹:クーラーや扇風機などの、冷たい風などの寒冷刺激が原因
  • 日光蕁麻疹:太陽の紫外線が原因
  • コリン性蕁麻疹:入浴後、運動後の汗などを放置するが原因
  • 心因性蕁麻疹:ストレスが原因

 

などの分類がされます。

 

赤ちゃんの場合に多いのは、体調不良による一時的な食物アレルギー、薬剤が合わないことによるもの、温熱/寒冷蕁麻疹です。

 

息子の湿疹の特徴

息子の湿疹が現れた時の様子は、

 

  • 片側にみみずばれの様な(地図状、境界線のはっきりした)湿疹
  • 時間が経つと湿疹が移動(消失、出現を繰り返す)
  • 痒そうなそぶりはなし
  • 呼吸の変化、泣いたりなどの不機嫌はなし
  • 発熱はなし

 

蕁麻疹が現れたのは、夕食後30分程で、お風呂に入れる前に気づいたので温熱刺激はなし。 日中激しい運動もしておらず、ごくごく普通の一日でした。

上記のような状態を説明すると、救急の必要はなく明日病院に行ってみてもらうので大丈夫とのことで、翌朝病院に。

原因として思い当たるのは前の晩に食べた食材

最初は、中耳炎の治療で処方されてた抗生物質とか、その他のお薬の副作用なんかの可能性も考えましたが、処方されたタイミングと下痢が出たので数日前に処方を中止されていたので原因とは考えにくい。

 

晩に食べたご飯が原因の可能性が高いとのこと。

 

僕&妻「あっ、、、昨日の 里芋 かも???」

 

前の晩、息子が唯一初めて食べた食材は「里芋」でした。

 

それ以外の食材は以前からよく食べていたものだったので、「おそらくそれが原因でしょう」とお医者さん。

 

赤ちゃんは、体調が万全ではない時に、食べ合わせなどで全身に蕁麻疹が出てしまう事がよくあることだそうですが、あまりの見た目のひどさに焦りました。

 

体調があまりよくない時は、新しい食材を食べさせるのは今後は控えよう、我が家ではそう決めました。

 

幸い、後にも先にも蕁麻疹はこの時だけでした。

 

赤ちゃんの体にアレルギー反応のような湿疹が出たら、我が家と同じような症状だったとしても、大事に至る場合もあるので、素人判断はせず救急相談室に連絡するか、病院を受診するようにしてくださいね。

 

 

Twitterもやってます