絵描きパパの育児実験記ロクLABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

赤ちゃんは何歳から嫉妬をするの?

育児 育児-成長 雑記 雑記-父の想い

第二子などを妊娠、出産すると、上の子の多くは赤ちゃん返りをすると言われています。

 

それは「嫉妬」によるもので、もっと自分に構って欲しいという気持ちの表れです。

 

では、赤ちゃんはいつ頃から「嫉妬」をするようになるのでしょうか。

 

赤ちゃんが嫉妬をし始めるのは「生後半年〜1歳前後」

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自分の存在が母親と別々であることに気付いていないと言われています。

 

しかし、次第に自分はお母さんとは別の人間であると認識するようになります。

 

すると、お母さんがお父さんと仲良く話していたり、他の子供に話しかけていたりすると、もっと自分を見て欲しい!と、嫉妬をします。

 

赤ちゃんの嫉妬は、生後半年〜1歳前後でし始めると言われています。

 

下記の論文では、94人の生後六か月の赤ちゃんとその母親を対象に、嫉妬に関する研究を行い、喜びの減少や、怒り、否定的感情の現れなどで、嫉妬を区別していました。

 

onlinelibrary.wiley.com

生後半年の赤ちゃんも、嫉妬をするんですね。

 

嫉妬ができるようになるということは、自分はお母さんのお腹から出てきたけど、別々の人格であると気付いた証拠とも言えるんですね。

 

お母さんとお父さんが仲良くしてても嫉妬する

 

我が家でも良く見られる息子の嫉妬に、僕が妻に近づいていると「あ"ーーーー!」と唸りながら「僕に構って!」と訴える時があります。

 

お父さんとお母さんが仲良いのは良いことなんじゃないの?と思いますが、これも息子にとっては嫉妬発生ポイントになるようです。

 

お父さんに関しても嫉妬するのか

 

では、お父さんに関しても嫉妬はするのでしょうか?

 

先日、友人が2歳半の息子さんを連れて我が家に遊びにきてくれた時のこと

 

全然人見知りをしない友人のお子さんは、僕が会社から帰宅すると、息子よりも先に走り寄ってきて飛びかかってきました。

 

すると、

 

足元で「あ"------------!!」

 

と唸る息子。

 

友人のお子さんを地面に降ろすと、すかさず息子が僕の膝の上に座りに来るではありませんか。

 

「この場所は僕の特等席なんだい!」

 

そう言ってくれてるようでした。

 

f:id:noahsartgallery:20170311115351j:plain

※テレビを見るときは、膝の間に座るのが定位置になっています。最近では、テレビのリモコンを持ってきては、僕の膝の間に座って、僕がテレビをつけてくれるのを待つようになりました。

 

お父さんの膝の上を誰かに取られて「あーー」と怒ってる息子。

 

これだけ純粋な嫉妬を向けられるというのは、なんだかとても嬉しいことだなと思います。

 

心配しなくても、この膝の上は君だけのものだし、父ちゃんはずっと君だけの父ちゃんだよ。

 

息子の嫉妬は嬉しいけれど、可愛そうなのであまり他所の子を自分の膝にのせるのはちょっとやめておこう。

 

そう心に決めました。

 

 

Twitterもやってます