絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

1歳の誕生日を迎えたら背負わせる「一升餅」とは!?

f:id:noahsartgallery:20170111210506j:plain 

 

日本に古くからある風習で、子供の1歳の誕生日のお祝いで「一升餅」というものがあります。

我が息子も、昨年末に1歳の誕生日を迎えたので、妻の実家で「一升餅」をついてもらい息子のお祝いをしました。

 

「一升餅」とは?

一升分のもち米(一升は約1.8Kg)で作るお餅で、「子供がこの先一生食べ物に困らないように」という願いを込めたお祝いの儀式です。見て分かる通り、「一升」と「一生」を掛けています。

一升餅を背負わせるのはなぜ?

お餅を使った子供の誕生祝は古くから日本各地でありますが、地域によっては「子供が1歳前後で歩き出すのは、家を出て離れてしまうのがよろしくない」と考えられ、一升餅を背負わせてわざと転ばせたり、餅を投げつけて歩くのを邪魔をする風習が残る地域があります。

背負わせるときは、風呂敷などに包んで脇の下を通して斜めにかけることが多いですが、最近ではリュックに入れて背負わせるという方法もあるようです。

親の感情としては、1歳児の今はかわいすぎて、できるだけ長く親元にいてほしいという思いはなくはないのですが、やはり我が家は男の子なのである程度自立できるようになったら、国内外問わず広い視野で世界を見れるように旅立ってほしいものです。

 

お餅はおめでたい食べ物

お餅は結婚式や神様へのお供え物(鏡餅)などに良く使われるように、とても縁起のいい食べ物と考えられています。

日本では「お米」がとても大切な食べ物であるのは今も昔も同じで、お餅はそのお米がつかれて凝縮されてできていることから、特別な食べ物としてお祝いの席で使われることが多いようです。

子供の誕生祝で使われるのも納得ですね。

息子はすぐ転んでしまったがそれでもOK

一升のお米を蒸かすと約2キロにもなることから、まだまだ歩きたて(個人差があるのでまだ歩けない子もいる)の子供によっては、相当な重さです。

我が家は、妻の実家で実際に蒸かして作ってくれたのですが、大人が持っても少し重く感じるくらいの重で、息子は最初すぐ転んでしまいました。

一升餅は背負って立つことができたら立てたことを喜び、もし立ち上がれなくても親元に長くいてくれると喜びます。どっちにしてもめでたいことなんですね。

子供ができて知る多くの日本の伝統行事

今回の一升餅のように、子供ができたことによる大きな変化の一つとして「伝統行事に詳しくなる」というものがあります。

こんなことを言ってしまっては元も子もありませんが、一升餅を背負わせようが背負わせまいが、子供の今後の成長と食べ物に対する願掛けはできます。しかし、家族と一緒に餅をついて、みんなでお祝いをするというのは何事にも代えがたいいい風習です。

特に我が家の場合は、妻の実家でとれたお米を使って、曾おばあちゃんが餅をつくり、息子は妻が子供のころに来ていた法被を着せてお祝いをしました。

たくさんの写真を撮り(息子は思い持ちを背負って転んだのでほぼ泣き顔ですが)記録にも残っています。

息子にとってはしばらくはこういう行事は「なんのこっちゃ」と意味が分からないかもしれませんが、きっと自分が大人になって同じように子供を持った時に「自分が子供のころに親は成長を願って色々なことをやってくれてたんだな」「両親もこんな気持ちだったんだな」と気づいてくれるはず。

僕は息子の伝統行事をするたびに、自分自身も祝ってくれたことを思い出し、当時の自分の両親の気持ちとシンクロしたような気持になり、親への感謝の気持ちがフワッとやってきます。

親になってよかったことは、自分の親の気持ちも理解できるようになったこと

これはいつも思います。(子供がいない人は親の子持ちが理解できないといっているわけではありませんよ、念のため)

このような伝統行事は、そのことが本当に意味のあることかどうかはさほど問題ではなく、「その行事をやってくれたこと」自体がとてもうれしいことなんだなと気づかされました。

親の気持ちってこうやって時間を経て子供に伝わるものもあるんだなぁと実感した一日となりました。

f:id:noahsartgallery:20170111203229j:plain

<おすすめの過去記事>

赤ちゃんが始めて歩くまでの過程と必要なこと 

妊娠中・授乳中のクスリの使用に関する不安を解消!RAD-ARの小冊子がすごくわかりやすい 

おたふくかぜの予防接種は受けるべき?!おたふくかぜの合併症には要注意! 

Twitterもやってます!