絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

パパ育児ブログの内容の変遷☆今後の目標とブログの方向性について

f:id:noahsartgallery:20161030115843j:plain

 

いつもブログをご覧になってくださっている皆様

 

ありがとうございます!

 

 

息子が生まれた翌月からブログを始めて10ヶ月。ついに読者が200人を超えました。最初は息子の成長記録を目的に、息子が成長した後に、自分達夫婦や息子本人がブログを見返して「こんな風に子育てしていた(してくれていた)んだなぁ」と思えるようなブログになればいいなと思って始めました。

ブログの記事の内容の変化

最初は見てくださる方もごく僅かだったこのブログですが、次第にブログを見てくださる方も増え、単なる息子の成長記録としてだけではなく、少しでも有益な情報を!と思いながらブログを書くように心がけるようになりました。

お薬や医療の知識を活かした記事も増加

本職は「絵描き」なのですが、言語聴覚士(言葉・発達・聴覚の専門家)という資格保有者であることと、製薬業界に関係するサラリーマンとして働きながら日々新しい知識が蓄えられていく「薬」や「病気」に関する情報も、有益な物が多いと感じ、最近では育児に関連した「健康」「薬」「病気」等に関する記事も増えました。

妻が元看護師という事もあって、健康や病気の予防なんかに関する会話も家庭内で多いこともブログの内容に大きく影響しています。

言語聴覚療法の知識を活かした記事も増やしたい

言語聴覚士の資格は、大学を卒業してから一度も実際の医療の現場では使うことはないまま現在に至りますが、息子が生まれてから役立つ知識の多いことに気づきました。

過去記事の中でも、以下のものは言語聴覚士としての知識が特に役立ちました。

今思えば、大学同期の皆は社会人10年目の言語聴覚士として、日本中で活躍していることが想像でき、違う道を進んだ自分も色々な意味で負けてられないなという気持ちになることも多いです。 

僕が卒業した大学の言語聴覚士は、8~9割が成人疾患(失語症、高次脳機能障害、嚥下障害)がメインの病院への就職で、小児がメインの人は1割に満たなかったと思います(他は、聴覚専門など)。

国家試験の必須科目という点で小児の科目も勉強しましたが、就職後に使う知識という点では、小児の知識はやや優先順位は低かったり、使わずに薄れていくことが多かったと思います。

それが今、親になって「うわ、小児発達学の授業もっとちゃんと受けとけばよかった!」と感じています。(ブログのネタにもなるし、情報を必要としてる人も多いのではないでしょうか)

言語聴覚士になっていたら妻に出会っておらず、息子もいない

f:id:noahsartgallery:20161030115947j:plain

自分が、何かを後悔しそうになるとき「今までの選択が最善で、今が一番幸せ」と思いなおさせてくれるのは、やはり妻と息子の存在です。

こうやって育児ブログを書けているのも、妻の天然ぶりをブログでかけているのも、言語聴覚士として就職をせず、ニュージーランドを旅して、帰国後すぐに札幌から東京に出てきて、試行錯誤しながら絵の仕事を続けていた結果、妻に出会いました。そしてそのおかげで、息子のロクがいます。

 

それを考えると、

 

「あ、やっぱりこっちで良かった」と思います。

 

子供の存在は過去の全てを肯定してくれますし、今までの全てを肯定してくれるほどの存在は「息子」以外にはありません。

それまでは色々と過去を振り返って、もしあっちを選んでたらどうだっただろうと考えることもありましたが、息子が生まれてからは今を全力で頑張っていく以外に考えることもなくなりました。

育児は多くの人が通る道で育児ブログの情報は新鮮さよりも共感

育児ブログは、既に多くの先輩ママ&パパさんが始めていて、僕が書いている内容に特に目新しい情報は無いかもしれません。また、パパさん達の育児ブログも最近ではたくさん見かけますし、育児に積極的なパパさんはブログを見る限りではもうあまり珍しくないようにも思います。

それでも、育児や教育、健康管理の考え方は多種多様で、先輩育児ブロガーさん達の情報はためになるものも多いです。

 

いつも都内の子連れで行けるスポットや、パパの息子愛を感じさせてくれる「パパパッとパパ」さんのブログ。 息子に対する父親の気持ちに共感することが多く、ロクとちょうど1歳違いの息子さんについて書かれているので、いつも「1年後のロクはこうなってるのかなぁ」と想像を巡らせながら見ています。

「父さん がんばる。」さんのブログは、理系パパの目線が同じ理系の僕とかぶり大変面白いです。イラストも可愛いですし、同じパパイラストブログとしても参考になるところが多く、また宮城県から発信される内容も、妻の実家も同じ宮城県なので共感することも多いです。また、パパさんの育児奮闘ぶりと考え方がとても参考になります。

 

いずれも、同じパパさんブログですがやはり内容に特徴がある!

 

自分のバックグラウンド、特に小児発達学や製薬業界に関する医療に関する情報や、英語圏での生活経験からの語学の情報、絵描きとしてのアートに関する情報などを、今後はもう少し積極的に出していこうかなと考えています。

 

今後も、是非温かくブログを見守っていただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします♪

 

Twitterもやってます☆