絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

8ヶ月の息子がお風呂で声をあげて遊んだ日

f:id:noahsartgallery:20160828103143j:plain

 

息子も生後8か月をむかえ、今までなかなかできなかった寝返りがすんなりできるようになったころ、お風呂でも一つ変化がありました。

 

 

アトピーと診断された息子は、かゆみがひどくならないよう、極力シャワーで済ませていたのですが、夏という事もあり自分もさっとシャワーで済ませることも多く、しばらく湯船につかっていませんでした。

 

しかし、連日深夜に渡る絵の仕事のせいか、肩こり&頭痛がMAXまで達してしまい、その日はしっかりと湯船につかってコリをほぐすことにしました。

 

シャワーが苦手な息子は、湯船だと大丈夫なことが多いので、その日はその流れで息子もぬるめのお湯につかることになったのですが、久々息子とバスタブで風呂に入ったことで、面白い発見がありました。

 

自分の体が水に浮かぶことを発見!

 

先日のシャワーの記事にも書きましたが、息子はなぜか頭に水がかかると全力で目を見開き、水を全て受けきるかの如く天を見上げます。そのせいもあって、頭や顔についた泡を落とすのがいつも大変なのですが、この日は超ご機嫌でした。

 

www.ekakipapa.com

 

水は怖くないよ~

 

そんな感じで毎回のお風呂やシャワーを嫌がらないように、少し水で遊んで見せていたのですが、息子を抱えてバスタブでじゃぶじゃぶしていた時、息子にある変化があったのです。

 

f:id:noahsartgallery:20160828103143j:plain

今までは、うつぶせの姿勢を長時間キープすることができず、頭を持ち上げる力がそれほど強くなかったので、バスタブで息子をスーパーマンの様に水平に抱えることは無かったのですが、寝返りが自由自在になった今、水平に抱えても顔が水につかなくなりました。

 

すると、自然と息子のおしりが水面に

 

ぷかぁ~~~~

 

っと浮いてきたんです。

 

f:id:noahsartgallery:20160828104428j:plain

 

体が浮いている感覚が楽しかったのか、息子は苦手な水の中でも大はしゃぎでゲラゲラ笑いだしました。

 

途中、誤って顔面が水についても笑ったまま。

何度も平泳ぎをするかのように足をバタバタ蹴って遊んでいました。

 

1年ほど前は水中に浮かんでいたんだけどね、お母さんのお腹の中で。
まるでそれを思い出したかのようでした。

 

f:id:noahsartgallery:20160828105334j:plain

もう水が顔につく恐怖も忘れて、すごく楽しそうにずっとバシャバシャしてました。

 

もっと広いプールとかに連れて行ってあげたら、楽しむのかな。
親子水泳とか行ってみてもいいのかなー、なんて息子が生後8か月になって初めて思いました。シャワーは未だにちょっと苦手なんですけどね。

 

うつぶせの体勢になっても頭を持ち上げられる生後7~8か月の時期は、こんなとこでも成長がみられるんだなと感心。

 

お風呂場に行くやいなや泣いてた息子は、またしてもどこかに行きそうです。


そして、お風呂で一緒におもちゃで遊ぶ日もそんなに遠くないのかなと思わされました。

 

「体が水に浮く」

 

そんなことで全力で笑える息子の感覚がちょっとうらやましくもあり、大人になってもそんなことに気づかさせてくれる子供の存在っていうのは本当にありがたいですね。

 

あー、息子とプールで浮かんで遊びたい。だって関東暑過ぎなんですもの。
と愚痴るいつまでたっても本州の暑さになれない北国出身の僕でした。

 

<こんな過去記事も書いています>

父親と息子 いつまでベタベタするのを許してくれるのか 

生後7か月を過ぎて活発になった「寝返り」がもたらす悲劇 

ハーフバースデーにやりたい!子供の未来予想図作成!