絵描きパパの育児実験記ロクLABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

生後7か月を過ぎて活発になった「寝返り」がもたらす悲劇

先日も記事で書きましたが、息子が生後7か月を過ぎ頻繁に寝返りをするようになりました。それまでは全然下の腕がつっかえて回転できなかったのに、急にできるようになって楽しいのか、ゴロゴロ回転しています。

 

www.ekakipapa.com

そう、寝ているのにも関わらず寝返りをしてしまい、戻れず目が覚めてしまい泣く事件が多発!

寝返りができるようになったのは嬉しいのですが、それから寝返りをしては戻れず親の手で仰向けに戻す、この作業が増えました。寝返りをしても、持って数分で「もどれないぃ~~」とぐずりだすので、結構めんどうなのです。

 

息子の寝返りを機に起きた変化がいくつかあるのでご紹介します。

寝返りは"ずりばい"の予備動作!

最近は息子は寝返りをした後、腕をぐーーーっと突っ張って背中をそらせることが出来るようになってきました。

このような動きは生後7,8か月頃から見られる「ずりばい」への予備動作と言われていて、これからきっと這って動くんでしょう。そろそろ移動が始まる時期なんですね。

でも、寝てるときに寝返りしなくてもいいのに。。

f:id:noahsartgallery:20160725225631j:plain

バウンサーも全力で拒否!できるだけ起きていたい!

寝返りができるようになってきたという事で、どうやら背筋(体をそらせる力)が強くなってきたのでしょう。これまでは落ち着かせたり昼寝をさせるのに便利だったバウンサーを全力で拒否するようになりました。

バウンサーにのせようとした瞬間に体をのけぞり、バウンサーのくぼみにおしりを置かせてくれません。よって、こうなります。。

f:id:noahsartgallery:20160725232706j:plain

深夜の寝返り!戸の隙間から覗く悲しげな眼

先日、息子を寝かしつけて数時間。

完全に熟睡したと思い、夫婦二人で息子の寝る寝室から引き戸1つ挟んだリビングで話をしていると、急に妻が驚きました。

 

その視線の先には、少しだけ隙間が空いた引き戸。。

 

よくよく見ると、、

 

f:id:noahsartgallery:20160725223051j:plain

 

起きてる――――!!!

 

しかもまた寝返り打って戻れなくなってるパターン。
よく耳を澄ますと、「ふぅ~~~、きゅ~~~」と悲しそうな声が漏れてました。

(かわいそうと思いつつも隙間から見えた哀愁漂う顔が可愛くて写真を撮る僕)

 

最近は、大体この寝返りで戻れなくなって目が覚めるパターンが1日に3~5回はあります。

 

息子の寝返りブーム、、過ぎ去ればきっとずりばい、、そしてハイハイと「移動」に進化していくんだろうな。楽しみでもあり、一層気をつけなきゃいけないことが増えますね。

<こんな過去記事もあります>

息子の誕生祝に植えた記念樹☆キウイフルーツの木の話

赤ちゃんがいても大丈夫な虫除けスプレー!クローブとアロマティカスで作ってみた!

赤ちゃんの首にアザ!?ウンナ母斑~コウノトリの噛み痕~