絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

育休中の夫に何ができるのか!?育児休暇に入る前に考えてみる

以前もブログで書きましたが、3月28日より1ヶ月間の育児休暇に入ります。

 

世の中のパパさんたちが、育児休暇を取りたくてもなかなか取れない状況の中、幸いなことに1ヶ月間も育児休暇を取る事が出来、本当に恵まれているなと感じています。

 

そんな中で、せっかく育児休暇を取るのだからその間にやりたいことをしっかり決めて、単なる長期の休みになってしまわないようにしたいと思います。

夫が育児休暇を取れたとき、いったいどんな事が出来るのか考えてみることにしました。

 育児休暇取得中に夫が出来る事とは!?

さて、育児休暇を取得することで、旦那さんはどんな事が出来るのでしょうか?

 

自分の妻は、日中に夫である自分が家にいてくれることで、「一息つける」「授乳以外の育児・家事の負担を分担できる」などの点で「日中家にいてくれるだけですでにありがたい」と言っております。

現在でも基本、僕は週末は家で絵の仕事をしているので家にいます。その時も、家事・育児はある程度分担してやっているので、その週末のようなリズムが1ヶ月間ずっと続くのは想像できます。しかし、それでは普段の週末と変わらないので、育児と家事を分担する以外に何かやりたいことはないか、妻に希望を聞いてみました。

 

<妻の希望1:一人で銭湯に行きたい>

今住んでる家のそばに、なかなか歴史を感じる銭湯があるのですが、以前からその前を通るたびに妻が「いつか行きたい」と言っていました。

そして、「育休中にやりたいことは?」と聞いて真っ先に出てきたのが
「銭湯」でした。

一人で大きなお風呂にゆっくり入りたいとのこと。
カフェや買い物は何とかベビーカーで行けるけど、銭湯はどうやっても無理ですもんね。

f:id:noahsartgallery:20160308225057j:plain



これはすぐに叶えてあげられそうです。

 

<妻の希望2:家で一人でゆっくりしたい>

子供な生まれてから、妻が家で一人でゆっくりするという時間はこの3ヶ月間でゼロです。休日に自分が家で息子を見ていて、妻が外に買い物に行くことはあっても、その逆はありませんでした。

なので「息子と二人でどこか散歩に行ってきたら?」と言われたので、育休中に2,3時間ほど息子と二人デートでもしてこようかなと思います。

その間、家で妻はゆっくりテレビや映画を見たり、ごろーっとしたり息抜きが出来るでしょう。

うん、これもすぐに叶えてあげられる。

 

<妻の希望3:自分の仕事をする時間が欲しい>

妻は現在、自宅でスパイスアクセサリーを作って販売をしています。

数日前から、しっかりとブランディングし、オンラインショップも立ち上げようとしているのですが、やはり日中は息子から目が離せないのでほとんど作業が進まないようです。 

「新作も作りたいし、委託販売している商品の在庫が減ってきているから集中して作る時間が欲しい!」とのことでした。週末も、ある程度は役割を分担しているのですが、もう少しまとまって作業をする時間が欲しかったようです。

 

<番外:帰省する>

2年ほど帰っていなかった札幌の実家に10日ほど帰って、両親に孫の顔を見せ、親孝行も少しだけですが出来そうです。

 

妻に希望を聞いて分かったこと

妻に育休中にやりたいことを聞いてみて、実はそんなに前述した3つの希望がすんなり出てきたわけではありませんでした(銭湯は例外)。 

妻は「自分ひとりの時間が欲しい」というよりは、

「息子が生後3か月という貴重な時期に、親子三人で一緒の時間をたくさん過ごせることが何より楽しみ」

なんだそうです。

とはいえ、せっかくの育児休暇。
自分が意識的に有効に使おうとしないとやはりただの長期休暇になってしまいそうですし、その間に「何が出来るか」を考えると、最終的には「普段妻に任せがちな家事・育児の負担を軽減させてあげられる」という所に尽きると思います。

 

しかし、ただ「家事・育児の負担を分担」ではなく、その割合が「妻の負担20、夫の負担80」の日があったっていいと思います。

正直、普段の週末に「妻20、自分80」の日はなかなかありませんでした。自分も平日働き、週末に絵の仕事などをしているので、良くて「妻60、自分40」位でしょう。(←妻に確認したらそのくらいの比率の時もあるかなと記載許可が下りました。) その割合を、育休中は逆転、さらに「妻20、自分80」位の日を何日か作ってあげたいなと思っています。育休中、授乳以外は全部自分がやる日を作ってみよう。

その代りその日は育児・家事以外なんもしない!(たぶん何もできない)

育休中のブログ更新について

「よし、俺は育児に専念するぞ!」と言いつつ、ブログを書く時間はあるのね!?となってしまっては本末転倒です。実際、妻もブログを書くことを応援してくれているので、よほど育児をないがしろにしていない限りは問題ないと思うのですが、育児休暇中の更新頻度は減らそうと思っています。

実際、札幌の実家にはパソコンもペンタブも無いので、まずイラストが描けません。

この期間は、しっかりと息子と関わってネタをためておく期間にしようと思います。

育休開始まであと3週間弱。
しっかりとここでした宣言を守らなくては。