絵描きパパの育児実験記ロクLABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

Spiceでオシャレに健康に!?スパイス染めアーティストMARI-LABO

健康 健康-食事・レシピ

先日のTBSの番組 「日立 世界ふしぎ発見」で、舞台は南インド。

旅のテーマは「スパイス」でした。

今回は自分の妻の話になりますが(結構ブログの主人公は子供よりも妻…)、
自分の妻は「スパイスワーラー/スパイスアーティスト」として創作活動をしています。

現在は、妊娠→育児の関係で、表立った活動はしていませんが以前は代々木公園などで行われていた「アースガーデン」や「ナマステインディア」などのイベントに西荻窪にある「N・ハーベスト」さんの一画をお借りして出店していました。

主に作っているのは、スパイスでできたアクセサリーやスパイス染めのエプロンなどです。

mari-labo.hatenablog.com

mari-labo.hatenablog.com

 

 スパイス染めで抗菌作用!?オーガニックスパイスを使った染めの研究

先日の世界ふしぎ発見でスパイスが大々的に取り上げられ、その中でも「スパイスで染めた衣類は抗菌作用がありとてもいい」と取り上げられていました。

そのせいもあって、スパイスで染めをやっている人は日本ではそれほど多くないので、「スパイス染め」で検索をすると、自分の妻のブログが一番にヒットします。

mari-labo.hatenablog.com

 

一気にアクセスが増えたようで、テレビパワーとはすごいものだなと、普段ほとんどテレビを見ない自分たち夫婦は戦々恐々としました。

スパイスワーラーMARI-LABOとは?

f:id:noahsartgallery:20160207213238j:plain

詳細は妻のブログを見ていただければと思いますが、簡単に妻の経歴をご紹介しますと、

  • 元看護師(夜勤など時間が不規則&激務により体調を壊す、10年以上無月経)
  • 海外滞在歴(カナダ1年、その他、インド(渡航歴数回、トータル滞在日数約6か月)、ネパール、イスラエル、エジプト、シリア、ヨルダン、ウズベキスタン、タイ、カンボジア、モンゴル、などなどそのほか多数)
  • 看護師をやめた後、埼玉県の大宮にある「みつもと玲子」先生のもとで琉球紅型染めのアシスタントを始める
  • インド・中東諸国滞在経験を活かし、スパイス専門店「N・ハーベスト」で働き始め、スパイス料理やスパイスのことを学びながら、自信でスパイスアクセサリーを作り始める
  • 染めのアシスタントの経験を活かし、「スパイス染」を始める

といった感じです。

 

一番大きかったのが、看護師を辞め「おら百姓になる!!」と結婚する前の妻が言っていたとき、自分は漠然と

「看護師という職業の安定性(高収入/資格があって働こうと思えばいつでも働ける)は、チャレンジしても中途半端に終わってしまう」
「やりたいことをやりきることができず、また看護師に戻ってしまうのではないか」

そう思っていました。
そして、絶対にそのやりたいといった思いを叶えさせてあげたい。そう思いました。

また、妻は看護師時代は夜勤があることや仕事が大変なことで体調を崩していたこと、職場でも切迫流産や不妊の方も結構いたと聞いていて、自分たちも「不妊治療が必要かも」とちょっとだけ聞いて覚悟をしていました(幸い、こうして息子を授かることができてとても幸せです)。

自分は子供のことは当時あまり気にしていませんでしたが、激務で体調を崩しやすいのは気にしていたので、できれば看護師に戻ってほしくないなと思っていました。
今までの経験をすべてまとめてしまおう!その結果がスパイスアーティスト。

スパイスは「色」「香り」「味」「薬効」がある特殊素材!

何を隠そう、妻にスパイスを薦めたのは自分です。

  • 看護師時代の体調不良改善のため、妻は漢方(スパイス)で治療をしていたこと
  • インド・中東への長期滞在経験があること
  • 染めのアシスタント経験があること
  • たまに友人の調理アシスタントをしていたこと

これらの経験は、結構特殊で面白いと思っていたので、まずはスパイス勉強してみたら?と薦めました。

スパイスとは面白くて、日本や中国では「漢方」として使われているように、薬効があります。
また、「味」も「香り」も「色」も様々で、調味料として味を変えることも、香りでリラックスすることも、染めの材料として使って色を楽しむこともできます。

この特殊な素材を、

「元看護師目線で、健康の側面から見てはどうか?」
「自分も体調を崩していて漢方を使って改善した経験もいかしてはどうか?」
「インド・ネパールを旅した経験もある。料理もいけるでしょ?」
「琉球紅型のアシスタントしてたし、染料をスパイスでやってみては?」

 

と、妻ならうまく扱えるのでは?と勝手に考えほいほいと意見を言うと、物おじすることなく数日後には前述した「N・ハーベスト」さんに飛び込みで自己アピールして即採用が決定してました(この辺の行動力はさすが旅人って感じです。笑)

 妊娠中・授乳中でも安心のスパイスレシピ

妻自身が妊娠中、そして授乳中の現在でも安心して使えるスパイスやその料理法などをブログで更新しています。
実は、妊娠中にはあまり過剰に摂取しない方が良いスパイスもあるようなので、是非参考にしてみてください。
シナモンとかね、、あまりとらない方がいいみたいですよ。

 

mari-labo.hatenablog.com

以前自分のブログでもご紹介したゴボウ茶のレシピなども載っています^^

ekakipapa.hatenablog.com

 

スパイス染めの商品について

過去にはストールをスパイス染めで作ったりしていましたが、
現在は、エプロンをスパイス染めで受注生産のような形で作っています。

将来的には、子供が身に着けるものを抗菌作用のあるスパイスできれいに染めることができたら見た目も衛生面でもすごくいいのになと思っています。

現在、試したものとしては「ターメリック染め」「クローブ染め」「ヘナ染め」「コーヒー染め」「紅茶染め」などでしょうか。

先日、ビーツで染めたら色が定着しなかったようで、なかなか上手くいかないものもたくさんあるようですが、その辺も方法などをいろいろ研究して、色々な素材に挑戦してもらいたいなと思っています。

ただ、育児に追われてあまり時間がなさそうですが、、、、

 

MARI-LABO
妻のインド滞在記〜ラダックホームステイ編〜
出産に旦那は役立たず!?立ち合い出産で旦那ができることは!?