絵描きパパの育児実験記ロクLABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

親であると実感したのはいつ、どんな時!?

雑記 雑記-父の想い

うちの息子は、両家のどちらにとっても初孫

自分の両親も妻の両親もとても心待ちにしていた初孫だったと思います。

自分の実家は北海道で、妻の実家は宮城。

現在埼玉に住んでいるので、すぐに孫の顔を見るというわけにはいかない距離であります。

ましてや90を超える曾ばあちゃん、曾じいちゃんにとっては、連れて行ってやらにゃあ、ひ孫の顔が見れない距離です。

そんな初孫パワーは、両家のおばあちゃんを一気にデジタル化させました。
(このブログ、両家のお母さんどちらもご覧になってるので、ちょっと恐縮。。。)

 

おばあちゃんたちが孫の顔見たさにスマホを即契約!

もうまさにこれ、

子供が生まれたタイミングでほぼ同時に両家の母がスマホに替え、LINEをすぐさま始めました。ほんとにほぼ同時。。

本当に今の世の中は便利で、離れていても孫の顔が見れてしまう。

当時は自分もLINEは敬遠していたこともあってやっていなかったのですが、これはおばあちゃんたちに孫の顔を見せねばなるまいとアプリをインストールして使い始めました。

f:id:noahsartgallery:20160202230109j:plain

親の気持ちが分かって初めて親であると実感

結婚することはお互いの家族同士も家族になること。
出産することは、さらにそのきずなが深まって、自分の両親たちが喜んでくれること。


実際に、結婚して子供が出来て思ったのはそんなことです。

自分が親になることで、ここまで育ててもらったことがどんなにすごいことだったか初めて理解できました。

それは、世の中の子育てをするお父さん、お母さんたちみんなに言えます。

親になって分かったことは、

「親になってみないと分からないことがあるってことが分かったこと」です。
(とんちではありません)


父親からは「お前は親になった実感ってあるのか?」とよく聞かれますが、息子がこの世に生まれたからと言ってすぐ実感がわいたりはしませんでした。

それよりも、子育てをする中で、ちょっとだけ自分が子どもだった頃を思い出す瞬間があります。

遊んでもらったこと、どこかに連れて行ってもらったこと、心配させて怒られたこと、、

f:id:noahsartgallery:20160202232607j:plain

その時の気持ちを思い出した時に、自分の気持ちだけじゃなくって不思議と自分の両親の気持ちもわかるようになっていました。

これは、絶対に自分の息子が生まれてみないと分からなかったことです。

その時初めて、

「俺、あの時の親の気持ちがわかる。自分も親になったんだな」

と実感がわきました。


改めて、子供が生まれることというのは祖父母も自分も一つ成長することなんだなと、子供効果に驚きです。