絵描きパパの育児実験記ロクLABO

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵描きパパの育児実験記ロクLABO

絵描きパパの育児イラストブログ

ベビーベッドは必要?不要? 自分がベビーベッドを購入した理由

育児 育児-育児商品

妻が妊娠9か月目くらいの頃、「ベビーベッド」は必要か?不要か?という事でしばし議論になりました。

親戚からは「すぐ使わなくなるし、邪魔になるよ」とか「ベッドで寝れない子だったらきっとすぐ自分の布団で添い寝になるよ」などという意見を頂戴したこともあり、妻は最初ベッド不要派でした。

 

雑誌や様々なブログを見ると、やはり同様のことを書いている人が多かったような気がします。

しかし、

 

自分は最初から断固「ベッド必要派」でした。

 

ベビーベッドが必要だと考えた理由

 

  1. 添い寝に気づかず、布団に入るときに踏んでしまうかもしれないから
  2. ちょっと目を離すときに「そこに寝かせておけば大丈夫」というセーフティーゾーンが欲しいから
  3. 冬生まれなので床冷えがする室内で、少し高い位置に寝床があれば寒くないと思ったから
  4. 乳幼児突然死症候群(SIDS)」の発症率が、ベビーベッド使用派の方が低いと何かで読んだから

 

1に関しては、深夜に別室で絵の仕事をしていることが多い自分は、妻より数時間遅れて寝室に行くのですが、真っ暗な寝室を視力0.02の自分が(メガネはしてますが)歩くのはかなり危険な気がしていました。間違って踏んでしまったりでもしたらと思うとベッドの方が安心でした。

2は、例えば、抱っこしてあやしている最中に、ふとトイレに行きたいとき、突然の来客などインターフォンが鳴ったとき、などに「赤ちゃんをどこに置くの?」と思ったからです。

育児における危機回避(リスクヘッジ)について思う

動かないうちはまだいいですが、自分は「ちょっと目を離した隙に」という言葉を、小さい子が絡んだ事故の時によく目にするのが気になっていました。

「ちょっと目を離した隙に」

魔法の言葉とでも言いましょうか、、これを聞くとなんとなくしょうがない気がしなくもないですよね。

だって「ちょっと」なんですもの。

でも、自分はそれは「親の危機管理不足」だと思ってしまいます。

ちょっと目を離すことは誰だってあります。
みんな今まで無事に育ってこられたのは、親がちょっとも目を離さなかったからじゃなくって、運良く何も起こらないで、もしくはニアミス程度で済んだからだと思っています。

いつも妻に言われたときに反論してしまうのが

「自分の時は大丈夫だった」「周りの友達も大丈夫だった」という言葉です。

それは、前述したとおり、いろいろな要因が合わさっての結果なので100%の安全を保障するための理由にはならないと思っています。

だからこそ、ちょっと目を離しても大丈夫なように準備をしておきたい、と自分は考えてしまいます。

 

と、こんな感じで理論立てて妻に自分の意見を言ったところ、「う~~~ん、、」とまだ渋い反応。

自分もこれだけ理由を列挙したんですが、自分が「なぜそんなにベビーベッドが欲しいんだろう?」と思い返した時に、実は一番大きな理由がすっぽり抜け落ちていたことに気が付きました。

一番の購入の決め手は単なる「憧れ」だった

妻にベビーベッド購入の説得を試みてるときに、ふと気が付きました。

 

「あれ?なんか俺すごい論理的に説得してるけど、自分がベビーベッドを欲しい理由って、、単なるベビーベッドに対する憧れなんじゃないか?」と。

 

出産前、妻は実際に物事が起きてみないと実感がわかないタイプなのに対し、自分は今や遅しとあらゆる想像を膨らませて我が子の誕生を心待ちにしていました。

そんなその当時の自分の想像の中に、「ベビーベッドにいる我が子をデレデレーっと眺める自分の姿」を夢見ていたんですね。

ベビーベッドを購入しない」=「その楽しみにしていた自分の夢が叶わない!!!」

と思ってしまったんです。

それを正直に伝えると、「それなら買おうか!」とベビーベッド購入の許可が下りました。

f:id:noahsartgallery:20160128024219j:plain

ベビーベッドは購入 or レンタル ?

ベビーベッドは、ある程度の期間しか使わない、場所をとってしまうということから「レンタル」という選択肢もありました。

ただ、親戚の家の近くに、ベビー用品のリサイクルショップがあると教えてもらい一緒に見に行くと、小さいサイズのベビーベッドがありました。
価格もレンタルするよりも安くつきそうだったので購入を決定。

晴れて我が家にベビーベッドが来ることとなりました。

我が家のベビーベッド

「カトージ ミニベッドチャーミーナチュラル」
(※下記画像をクリックするとAmazon商品ページへ移動します)

ベビーベッドを買って良かったこと・悪かったこと

その後息子が生まれ、現在もベビーベッドを使っての育児真っ最中ですが、購入してよかったことと言えば、

  1. セーフティーゾーンの確保ができたこと
  2. 柵にスタイ(よだれかけ)や、ベビーゴーラウンドなどの玩具を取り付けられること
  3. 床冷え解消 & ダニ予防

などでしょうか。

逆に、買って悪かったことと言えば、

  1. やはり多少場所をとる
  2. 高さが中途半端なので、ベッドでおむつ替えなどがしにくい(腰を痛める)

といったところでしょうか。


まだ生後1か月で、移動やつかまり立ちはおろか、寝返りすらする月齢ではないので、そのころになると新たなメリットやデメリットが出てくるかとは思いますが、現状は購入のメリットの方が断然多く、大変満足しています。


ベビーベッド購入を検討されている方に、少しでも参考になれば幸いです。